ウクライナ発アニメ映画『ストールンプリンセス』特報公開 ヒロインの吹き替えは高橋李依

『ストールンプリンセス』に高橋李依が参加

 ウクライナ発のアニメーション映画『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』の公開日が9月22日に決定。あわせて特報映像が公開され、日本語吹替版声優として高橋李依が参加することが発表された。

 本作は、東欧のアニメーションスタジオ・Animagradによって制作され、騎士に憧れている役者のルスランと王女ミラの身分違いの恋と、2人が悪の魔法使いに立ち向かう姿を描いたファンタジーラブストーリー。ウクライナ制作のアニメーション映画として、日本初の劇場上映作品となる。

 本作は、Elles Films株式会社の粉川なつみが、ウクライナの映画業界への貢献を目的に、ほぼ全財産で日本上映権を購入。その後、全国規模の劇場公開と日本語吹替版の制作を目指して開始したクラウドファンディングでは、約700人が参加、約950万円が集まった。日本語吹替版の主人公・ルスラン役は、「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」から誕生したグローバルボーイズグループ・INIの髙塚大夢が務める。

 高橋が演じるのは、ルスランと身分違いの恋に落ちる王女・ミラ。悪の魔法使い・チェルノモールに攫われてしまうも、ただ助けを待つだけではない強さを兼ね備えたヒロインだ。

映画『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』特報映像

 公開された特報映像では、主人公・ルスランを演じる髙塚と王女ミラ役の高橋による日本語吹き替えが初公開。「私の人生は私が決める」と自由と求め力強く宣言するミラと、「俺のこと、信じてくれないかな」と優しい声で冒険に誘うように手を差し伸べるルスラン。2人が出会い、恋に落ちるシーンが映し出される。

 高橋は、ウクライナのアニメーションに触れるのが初めてだったことを明かし、当初は不安もあったが「海を超えてやってきたエンターテインメントに胸が温かくなりました」と、作品への思いを語り、「この作品から溢れるエネルギーが、たくさんの方に届くことを願っています」とメッセージを寄せた。

高橋李依 コメント

日本初上陸ということで、私自身、ウクライナのアニメーションに触れるのは初めてでした。
一体どんな作品なのか……、難しい物語だったりするのかな……なんて思いも束の間。登場人物たちの豊かな表情、丁寧で細かい演出、見た人を楽しませる展開づくり……! 今作に込められたアニメーションへの熱量をダイレクトに受け取り、難しく考える必要なんてなかったんだなと。海を越えてやって来たエンターテインメントに胸が温かくなりました。
普段からアニメを嗜む方や、お子様連れのファミリー、そしてこのコメントをご覧になった皆さまを筆頭に、ぜひお気軽に劇場へと足を運んでいただけたら幸いです!この作品から溢れるエネルギーが、たくさんの方に届くことを願っています。

■公開情報
『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』
9月22日(金)公開
監督:オレ・マラムシュ
制作スタジオ:Animagrad
配給:KADOKAWA/Elles Films
2018年/ウクライナ/英題:THE STOLEN PRINCESS
©2018, SSVG EAST FUND INVESTMENT LIMITED© 2018, “ANIMAGRAD” LTD ©2018, Ukrainian State Film Agency ©『ストールンプリンセス:キーウの王女とルスラン』製作委員会
公式サイト:https://stolenprincess.jp
公式Twitter:@Elles_Films
公式Instagram:@elles_films0722

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる