『やんごとなき一族』健太と明人の根深い溝が表面化 松下洸平の姿に胸が張り裂けそう

『やんごとなき一族』健太と明人の溝が表面化

 暗闇の中で突然、明人(尾上松也)のトラウマが大爆発。『やんごとなき一族』(フジテレビ系)の第6話では、健太(松下洸平)と明人の間の根深い溝が表面化する。そして、うちに秘めた闇を解放した明人と、出生の秘密が明かされてしまった美保子(松本若菜)の夫婦仲に暗雲が立ち込めた。

 作品冒頭では、第1話から出演していたダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの訃報が流れ、出番が予定されていたと思われる商店街のシーンには、肥後克広と寺門ジモンが2人で出演。キーとなる小松町のシーンを牽引した。

やんごとなき一族

 有沙(馬場ふみか)は見合い相手の御曹司・香川友貴(森田甘路)とあっさり結婚を決める。有沙の婚約祝いのために開かれたお茶会では、八寿子(倍賞美津子)の一声で佐都(土屋太鳳)がお点前を披露することに。だが、このお茶席には、美保子の企てにより、作法を知らない佐都の母・良恵(石野真子)が招かれていた。場にそぐわない格好で現れた良恵はマナーを知らない振る舞いを繰り返し、恥をかいてしまう。しかし持ち前の“思いやりの心”でこの窮地を切り抜けるのだった。八寿子からも「学ばせていただきました」と前向きな言葉をかけられ、佐都と良恵は一安心。だが祝いの席の後に、ふと実家が老舗和菓子屋の万屋寿庵であることを漏らしてしまった美保子に、友貴の母親が激怒してしまった。実は美保子は、この和菓子屋の女将を酷い手で追い出して後妻となったホステスの連れ子だったのだ。

やんごとなき一族

 第6話ではとうとう明人が健太に牙をむく。これまでおとなしく、一歩引いた態度で美保子に圧倒されていたかのような明人だったが、美保子がたまたま電気を消してしまったことでトラウマが蘇ったのだ。それは父·圭一(石橋凌)から暗闇に閉じ込められるという、過去の壮絶なしつけだった。長年の嫉妬と恨みから明人の衝動の矛先は健太へと向き、声を荒げ優しい弟を拒絶するのだった。これまでは美保子が首謀者となって明人と健太を対立させてきたようにも見えたが、ついに明人は自らの意志で健太への憎悪を爆発させることに。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる