『五等分の花嫁』の大ヒットが示す 「実写よりアニメ」の決定的なシフト

『五等分の花嫁』の大ヒットが示すもの

国内映画興行ランキング

 先週末の動員ランキングは、2週連続で『シン・ウルトラマン』が1位に。土日2日間の動員は31万2000人、興収は4億8600万円。公開から10日間の累計動員は134万4560人、累計興収は20億3468万1150円。これは、最終興収82.5億円を記録した2016年8月公開の『シン・ゴジラ』との興収比でほぼ横並びの94.6%。『シン・ゴジラ』の時のような二週目以降の勢いはないものの、『余命10年』(約29.5億円)を超えて、暫定で今年の実写日本映画の最高興収を記録するのも時間の問題だ。

 2位に初登場したのは、春場ねぎの人気コミックを原作としたアニメーション作品『映画 五等分の花嫁』。オープニング3日間の動員は28万9647人、興収は3億8950万9100円。108スクリーンという公開規模を考えると驚異的なスタートダッシュと言っていいだろう。ウィークデイに入ってからも好推移を続けていて、今年のサプライズヒットの一つとなりそうだ。

 先週末の動員ランキングでは他に、4位の『大河への道』、9位の『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』と、2本の実写日本映画が初登場した。前者は松竹配給で、後者はワーナー配給でいずれも300スクリーン以上の大規模公開作品。コロナ禍以降、映画館離れが進んでいた年配層の観客を呼び戻すことが期待されていた『大河への道』は3日間の動員が9万4000人、興収が1億1961万8320円とまずまずの出足。一方、完結編2部作の前編として公開された『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』は3日間の動員が7万1035人、興収が9650万3050円と、前編の時点で早くも観客から見離されてしまったかたちだ。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「興行成績一刀両断」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる