『ワン・プラス・ワン』を曽我部恵一、三宅唱らが絶賛 ピーター・バラカン登壇イベントも

『ワン・プラス・ワン』著名人コメント

 12月3日公開のドキュメンタリー映画『ワン・プラス・ワン』に音楽&映画業界の著名人から絶賛コメントが到着。さらに特別イベントの開催も決定した。

 2022年に結成60周年を迎える、平均年齢76歳のロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズ。ジャズの影響を受けたドラミングと、英国紳士な佇まいでファンたちから愛され、デビュー当時からのメンバーとしてストーンズを支えてきたチャーリー・ワッツが、去る8月24日(現地時間)に死去。その訃報にストーンズのメンバーをはじめ、元ザ・ビートルズのリンゴ・スターやポール・マッカートニー、エリック・クラプトン、クイーンのブライアン・メイ、オノ・ヨーコら世界中のアーティストたちからも追悼のコメントが寄せられた。

 そんなワッツへの追悼の意を込め、監督を務めたジャン=リュック・ゴダール91歳の誕生日でもある12月3日に公開されることが急遽決定。1968年のロンドン、バンド黄金期を迎える若き日のストーンズのレコーディング風景が納められている本作。ロック史に残る名曲「悪魔を憐れむ歌」が完成するまでの過程を記録した映像と、社会運動にかかわるドキュメンタリーめいたフィクション映像が交差する音楽ドキュメンタリーとなっている。

 このたび、曽我部恵一(ミュージシャン)、中村一義(音楽家)、三宅唱(映画監督)、ら著名人からコメントが到着。

 ロックバンド、サニーデイ・サービスの曽我部は、「リアルなレコーディングをしていることに感激し! 実験的な映画であることに戦慄し! 感覚の全てで体験する映画!」と絶賛。中村からは、ワッツへの熱い思いの丈を込めたメッセージが届いている。映画の公式サイトでは、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、湯川れい子(音楽評論・作詞)、ピーター・バラカン(ブロードキャスター)らのコメントが掲載されており、以後続々、著名人からのコメントが到着予定となっている。

 さらに、本作の公開を記念し、新宿ピカデリーで12月8日にトークイベントが開催されることが決定。ゲストに迎えるのは、ピーター・バラカン。InterFM「Barakan Beat」やNHK ラジオ「ウィークエンドサンシャイン」でDJを務め、ローリング・ストーンズについてはもちろん、音楽や映画への造詣が深く、最近ではバラカンが監修・作品選定をつとめた「PeterBarakan’s Music Film Festival」が開催された。MCには、ストーンズの日本公演にも足を運んでいる奥浜レイラを迎え、ローリング・ストーンズの魅力や、ワッツの功績、「悪魔を憐れむ歌」などについてたっぷりと語る。

コメント一部紹介

曽我部恵一(ミュージシャン)

リアルなレコーディングをしていることに感激し! 実験的な映画であることに戦慄し! 感覚の全てで体験する映画! 

中村一義(音楽家)

あらゆるジャンルのロックンロールを鳴らす時でも、あの天性のジャジーな魂を忘れなかった、チャーリー・ワッツ師匠。あなたこそが、僕のドラム神の一人です。これまでも、これからも、いつまでも感謝し続けます。

三宅唱(映画監督)

ストーンズとゴダールとともに過ごすこの時間は、映画だからこそ、映画館だからこそ味わえるかけがえのないものだ。持続する緊張がやがて退屈に、そして退屈が興奮に切り替わる、そんな瞬間の数々。たまらない。

公開記念トークイベント登壇者のピーター・バラカン

■公開情報
『ワン・プラス・ワン』
12月3日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール 
出演:ザ・ローリング・ストーンズ ミック・ジャガー、キース・リチャード、ブライアン・ジョーンズ、チャーリー・ワッツ、ビル・ワイマン、アンヌ・ヴィアゼムスキー
配給:ロングライド
日本劇場初公開:1978年11月1日
1968年/イギリス/英語/カラー/101分/原題:One Plus One/字幕翻訳:寺尾次郎 
(c)CUPID Productions Ltd.1970
公式サイト:https://longride.jp/oneplusone/

■『ワン・プラス・ワン』公開記念トークイベント実施概要
日時:12月8日(水)18:30〜
ゲスト:ピーター・バラカン(ブロードキャスター)、奥浜レイラ(MC)
場所:新宿ピカデリー(東京都新宿区新宿3丁目15番15号)
※詳細は劇場公式サイトにて



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる