『イカゲーム』S2の物語はすでにある!? 監督「戻ってきたギフンが世界のために動く」

『イカゲーム』S2制作へ動いている?

 Netflix史上最大のヒット作『イカゲーム』シーズン2について、監督のファン・ドンヒョクがThe Hollywood Reporterの取材でコメントした。

 Netflixで2021年9月17日に公開された『イカゲーム』は、公開からわずか17日で世界中の1億1,100万世帯が視聴、過去最高の再生回数を突破し、Netflix史上最大のヒット作に。また、何週間にも渡ってカルチャー市場の話題を独占し、数々のメディアからも高い注目を浴び、今年のハロウィンコスチュームにも影響を与えた。

 本作はイ・ジェンジェ演じるソン・ギフンが、謎の招待状を受け取り、ゲームに参加する様子を描いた物語。招待された456人の参加者は、秘密の場所に送られ、韓国の伝統的な子供のゲームを通して、互いに競い合う。負ければ“死”のリスクがあるなか、参加者たちは456億ウォンの賞金を獲得するために奮闘する。

 11月8日(米現地時間)、ハリウッドのNeuehouseで開かれた、『イカゲーム』の特別イベントに、ファン・ドンヒョク監督、出演者のイ・ジェンジェ、チョン・ホヨン、パク・ヘスが出席。ファン・ドンヒョク監督は、報道陣からの「シーズン2はいつですか?」という質問が殺到していることについて話し、続けて「シーズン2について、大体のストーリーラインは既にあります。今は、アイデアについて構想をさらに練っている最中です」「いつか実現すると思いますが、詳細についてはまだお伝えできません」とコメント。

 なお、Netflixの広報担当者は『イカゲーム』シーズン2について、「現在協議中ですが、まだ確定はしていません」と答えている。『イカゲーム』は熱狂的なファンからの支持も多く、ファン監督はロサンゼルスに到着する前から、シーズン2へのプレッシャーを感じていたことを明かした。「韓国にいるときからシーズン2へのプレッシャーは大きく、長い間感じています。YouTube を見ると、既にシーズン2やシーズン3についてシナリオを書いてくれている人もいるんですよ(笑)」とファン監督は笑いながら話した。

 「ここ(ロサンゼルス)に来て、『イカゲーム』の評判の高さや、ファンからの期待の大
きさを目の当たりにし、報道陣からも(シーズン2について)同じ質問を受けるようになりました」とファン監督。シーズン2について詳細は明かされなかったものの、ファン監督から“大きなヒント”となるコメントがあった。

「私から伝えられることは、“ギフンがカムバックし、世界のために何かをする”ということです」

 自身が演じるキャラクターについて、大きなヒントを聞いたイ・ジェンジェは、「何が起こるかについて(私も)何も知らない」、明かせることはないとコメント。また、Netflixの共同CEOであるテッド・サランドスが、『イカゲーム』の監督と出演者らを、食事に招待したことも話題となった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jung jae Lee(@from_jjlee)がシェアした投稿

イ・ジェンジェ公式Instagramより

 ファン監督はサランドスとの食事について、「テッド・サランドスは、私たちを温かく歓迎してくださり、素晴らしいディナーを過ごせました。とても楽しい時間だった」と語っている。

■配信情報
Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』
Netflixにて全話独占配信
脚本・監督・演出:ファン・ドンヒョク
出演:イ・ジョンジェ、パク・ヘス、オ・ヨンス、ホ・ソンテ、ウィ・ハジュン、キム・ジュリョン、トリバティ・アヌファム、イ・ユミ



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる