新津ちせ、長澤雅彦監督新作『凪の島』で主演に 「飛び上がるくらい嬉しかったです!」

 新津ちせが主演を務める長澤雅彦監督新作『凪の島』の製作が決定した。

 山口県の瀬戸内にある大自然豊かな島を舞台に、雄大な海やどこか懐かしい学校、風情のある診療所など風光明媚なロケ地で撮影される本作。少年少女の心の成長や、子供たちの目を通して描かれる、心温まる家族の姿を、『夜のピクニック』『天国はまだ遠く』の長澤監督のオリジナル脚本で描く。

 主人公は、両親の離婚によって母の故郷である山口県の小さな島で暮らすことになった小学4年生の凪。その凪役に新津が決定した。

 凪は母とともに、島で唯一の診療所で医師をしている祖母の家で暮らしている。普段は明るく振る舞う凪だが、アルコール依存症となり母へ暴力をふるう父の姿が目に焼き付き、心に傷を負い、時々過呼吸になって倒れてしまう。でも今は、事情をすべて知った上で何も言わず温かく迎え入れてくれる島の人たちに囲まれ、少しずつ笑顔を取り戻している。しかしある日、島に突然父がやって来て、再び家族に戻りたいと言う。その願いを聞いた凪は……。

 あわせて公開されたティザービジュアルでは、主人公・凪を5人の登場人物が取り囲んでいる様子が描かれている。「あの島のひと夏が、君をほんの少し大人にしたんだ」「瀬戸内の小さな島で暮らす少女の心の成長を描いた、ひと夏の物語」というキャッチコピーが綴られている。

コメント

新津ちせ(主演・原田凪役)

主人公・原田凪役を演じます、新津ちせです。長澤監督のオーディションはすごく緊張しましたが、凪のシーンを演じることがとても楽しかったので、本当に凪役に決まった時は飛び上がるくらい嬉しかったです! 凪は、東京からお母さんの生まれ故郷の山口県下松市の島に引っ越してきた、海が大好きな女の子です。私も、母が山口出身で、山口は私にとっても大切なふるさとです。撮影では、長澤監督をはじめ、たくさんのスタッフ・キャストの皆様、あたたかい地元の方々に支えていただきながら、山口の美しく豊かな自然のなかで原田凪として生きることができ、とっても幸せでした。映画『凪の島』、ぜひたくさんの方に見ていただけたら嬉しいです!

長澤雅彦(監督)

2014年製作の映画『恋』以来、山口県で僕は様々な映画や映像を作ってきました。山口県はもはや僕の映画史にとって欠くべからず大切な存在です。新作『凪の島』は、そんな僕にとっての人生の集大成とも宝物とも言っていい作品になるでしょう。全力で頑張ります。オーディションというのは本来「役に合った」俳優を探す場なのですが、ごく稀に「役柄なんてどうでもいいから自分を起用しなさい」と(物言わず)体現する俳優が現われます。新津ちせというコは会った瞬間からそんな顔をしていました。そういう俳優は役柄を輝かせ、映画を輝かせてくれます。新津ちせも映画『凪の島』を輝かせてくれました。そして気がつくと撮影の終わりには僕らの想像を超えて勝手に成長していました。本当に今後も目の離せない俳優ですが、まずはこの映画でその輝きをご確認いただけると幸いです。

■公開情報
『凪の島』
2022年全国順次公開予定
監督・脚本:長澤雅彦
出演:新津ちせ ほか
配給:スールキートス
制作:スールキートス、Kビジョン
2022年/日本/カラー/シネマスコープ
(c) 2022『凪の島』製作委員会
公式ウェブサイト:nagishima.com
公式Twitter:@nagishima_movie
公式Instagram:@nagishima_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる