マドリガル家の不思議な生活の様子が 『ミラベルと魔法だらけの家』日本版本予告公開

 11月26日に公開されるディズニー・アニメーション・スタジオ新作映画『ミラベルと魔法だらけの家』の日本版本予告が公開された。

 主人公ミラベルは、活気溢れる南米コロンビアの奥地に佇む、魔法の力を持つ不思議な家に生まれた女の子。ミラベルが住むマドリガル家に生まれた子供たちは、1人1人違った個性を持つ“魔法の才能(ギフト)”を家から与えられるが、ミラベルはたった1人だけ“魔法のギフト”をもらえなかったのだった……。

 本作の監督を務めるのは、『塔の上のラプンツェル』(2011年)、『ズートピア』(2016年)で監督を務めたバイロン・ハワードと、『ズートピア』で共同監督・脚本を務めたジャレド・ブッシュ。ディズニー長編アニメーション60作目となる記念すべき本作で、『ズートピア』以来、再びタッグを組んだ。また、『モアナと伝説の海』以来4年振りの新作オリジナルミュージカルとして公開される本作を彩る音楽は、ブロードウェイミュージカル『イン・ザ・ハイツ』や脚本・作詞・作曲・主演を務めたミュージカル『ハミルトン』でトニー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞したリン=マニュエル・ミランダが担当した。

「ミラベルと魔法だらけの家」本予告【「魔法の力がないからこそ、どんなことも私ならできる!」編】

 公開された日本版本予告では、かつてキャンドルのもたらす“奇跡”によって魔法の力を与えられた不思議な家に暮らすマドリガル家の様子が映し出される。思わず踊りたくなるような陽気なラテンのリズムにあわせて動く床や引き出し、滑り台のように形が変わる階段など、なんと家中が魔法だらけ。そんな“魔法だらけの家”マドリガル家のに暮らすに生まれる子供たちは、1人1人が特別な個性を持つ”魔法のギフト(才能)”を家から与えられる。

 長姉・イサベラは植物を成長させ、花を咲かせる魔法のギフトが家から与えられ、彼女の周りにはカラフルで美しい花が咲き乱れ、周囲の人々を笑顔にする。そして、次姉・ルイーサは “力(パワー)のギフト”が与えられ、5頭のロバを担ぎ上げ、レンガで出来た橋を簡単に持ち上げてしまうなど、強くて力持ちで優れる働き者として、家族や町の人から頼りにされている。

 そんな家族の中で、たった1人だけ“魔法のギフト”をもらえなかった少女ミラベル。特別な力を持たない”普通“の女の子であるミラベルの目には、住人を支える姉や家族たちは何もかも“完璧”な存在に映り、疎外感や不安を抱えるが、持ち前の明るさで前向きに過ごしていた。そんなある日、ミラベルは家に大きな亀裂があることに気づく。このままでは世界から魔法の力が失われていく危機が訪れたとき、「魔法の力がないからこそ、どんなことも私ならできる!」と、魔法のギフトがないミラベルが唯一の希望として、勇敢にも立ち上がることを決意する。魔法に満ちた美しい世界で、なぜミラベルだけが力を持たないのか。そして、魔法だらけの家に隠された驚くべき秘密とは。

■公開情報
『ミラベルと魔法だらけの家』
11月26日(金)公開
監督:バイロン・ハワード、ジャレド・ブッシュ
音楽:リン=マニュエル・ミランダ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 Disney. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる