ヘンリー・ゴールディング主演×ホン・カウ監督 『MONSOON/モンスーン』公開決定

 ヘンリー・ゴールディングを主演に迎えたホン・カウ監督作『MONSOON/モンスーン』が、2022年1月14日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開されることが決定した。

 主人公キットは両親の遺灰を埋葬すべく、30年ぶりに祖国であるベトナムのサイゴン(現ホーチミン)に足を踏み入れる。彼は6歳のとき、家族とともにベトナム戦争後の混乱を逃れてイギリスへ渡った“ボート難民”だ。埋葬場所探しを開始するが思うようには進まない。サイゴンは今やすっかり経済成長を遂げ、かつての姿は見る影もなかった。

 変わり果てた街に馴染めず、どこか旅行者のような主人公・キットを演じたのは『クレイジー・リッチ!』(2018年)で注目を浴び、『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』の主演に抜擢されハリウッドでも活躍中のゴールディング。イギリス人の父とマレーシア人の母を持つことから、キットの持つ複雑なアイデンティティに強い共感を抱いたという。監督を務めたのは、『追憶と、踊りながら』(2014年)のホン・カウ。カウ監督もまたキット同様に、カンボジアから逃れてベトナムに渡ったのち8歳まで同国で過ごし、“ボート難民”として渡英していた過去を持つ。

 キットのアイデンティティをめぐる旅は、現代ベトナムを映し出した魅力的な風景を通してより深められる。サイゴンには、大量のバイクが道路を行き交い、巨大なビルが立ち並ぶ一方、ハノイは、古い町並みを残す。前者では新世代が活躍し、後者では旧世代が昔ながらの暮らしを営んでいるが、年齢的には新世代に属するキットが心安らぐのは後者だ。そこには彼にとって、懐かしい景色がまだ息づいている。故郷にいながらも孤独を感じているキットが、過去の面影を巡る旅の中で見つけた“自分”とは。

 あわせて公開されたキービジュアルには、ベランダから故郷・サイゴンの街を眺めるキット(ヘンリー・ゴールディング)の後ろ姿が収められている。過去の傷を抱えながら生きてきたキットの、郷愁の想いや未来への希望を感じさせる表情が捉えられている。

■公開情報
『MONSOON/モンスーン』
2022年1月14日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
監督・脚本:ホン・カウ 
出演:ヘンリー・ゴールディング、パーカー・ソーヤーズ、デイビット・トラン、モリー・ハリス
配給:イオンエンターテイメント
2020/イギリス、香港/85分/5.1ch /カラー/原題:MONSOON
(c)MONSOON FILM 2018 LIMITED, BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019
公式サイト: MONSOON-MOVIE.COM
公式Twitter:@MONSOON_MOVIE



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる