ザ・スミスの楽曲を20曲以上使用 『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』12月公開

ザ・スミスの名曲で彩る青春音楽映画公開へ

 映画『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』が12月よりTOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほかにて全国ロードショーされる。

 本作は、ザ・スミス解散のニュースが駆け巡った1987年の夏、5人の若者が自分を探し彷徨う一夜を、ザ・スミスの名曲とともに描いた青春音楽映画。

 1987年、コロラド州デンバー。スーパーで働くクレオは、大好きなザ・スミス解散のニュースにショックを受け、レコードショップのディーンに「町の連中に一大事だと分からせたい」と訴える。ディーンはクレオをデートに誘うが、クレオは友達に会いに行ってしまう。1人になったディーンは、地元のヘビメタ専門ラジオ局に行き「ザ・スミスの曲をかけろ!」とDJに銃を突きつけた。同じ頃、クレオ、ビリー、シーラ、パトリックの仲良し4人組は、パーティーでバカ騒ぎをしながらも、自分自身や将来について思い悩んでいた……。

 1980年代、イギリスのミュージックシーンを席巻したバンド、ザ・スミス。映画のタイトルにもなっている「ショップリフターズ」、代表曲の「ゼア・イズ・ア・ライト」、「ジス・チャーミング・マン」、「心に茨を持つ少年」など、ザ・スミスの楽曲20曲以上が全編に散りばめられ、メンバーとの関係や、解散について語る若き日のモリッシーの姿も収められている。

 長年語り継がれた「ザ・スミスファンのラジオ局ジャック事件」に着想を得て本作の監督を務めたのは、『WE ARE X』『JACO[ジャコ]』など音楽映画を手がけてきたスティーヴン・キジャック。ラジオ局をジャックするディーンを、『6才のボクが、大人になるまで。』のエラー・コルトレーンが演じたほか、ディーンが密かに恋する“ショップリフター”クレオ役を、Netflixの人気シリーズ『ソーシャルディスタンス』のヘレナ・ハワードが担当。クレオの3人の仲間として、マドンナのファッションを完コピするシーラ役で『』のエレナ・カンプーリス、シーラのボーイフレンド、パトリック役で『ザ・コールデスト・ゲーム』のジェームズ・ブルーア、軍隊に入隊が決まり、皆が集まるきっかけとなるビリー役で『ファミリー・ツリー』のニック・クラウスが出演。さらに、『トゥルー・ブラッド』シリーズのジョー・マンガニエロが、ディーンの突撃に驚きながらも、理解を示すラジオ局DJミッキー役を演じている。

■公開情報
『ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド』
12月より、TOHOシネマズ 日比谷、渋谷シネクイントほか全国ロードショー
出演:ヘレナ・ハワード、エラー・コルトレーン、エレナ・カンプーリス、ニック・クラウス、ジェームズ・ブルーア、ジョー・マンガニエロ
監督・脚本:スティーヴン・キジャック
配給:パルコ
2021年/アメリカ=イギリス映画/英語/カラー/シネスコ/91分/原題:Shoplifters of the World/映倫:G
(c)2020 SOTW Ltd. All rights reserved
公式サイト:sotw-movie.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる