伊集院光、小栗旬主演の10月期TBS日曜劇場『日本沈没』出演 「気持ちが強かった」

伊集院光、日曜劇場『日本沈没』出演

 伊集院光が、小栗旬主演の10月期TBS日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』に出演することが決定した。

 1973年に刊行された小松左京の代表作『日本沈没』をドラマ化する本作。大きくアレンジを加え、原作でも描かれていた“環境問題”を、2021年バージョンとして今に照らし合わせて鮮明に描き出す。さらに、主人公を含め登場人物はオリジナルキャラクターに。2023年の東京を舞台に、沈没という目に見えない危機が迫る中で“見出していく希望”をテーマに描かれる。

 2013年放送の『The Partner 〜愛しき百年の友へ〜』(TBS系)以来8年ぶりのドラマ出演となる伊集院が演じるのは、杏演じる椎名実梨が勤務しているサンデー毎朝の編集長・鍋島哲夫。鍋島は、椎名のスクープに食らいつく姿勢に理解を示しつつも、相手を選ばず立ち向かっていく姿を危なっかしいと感じている編集長だ。伊集院が『日本沈没』の原作・映画・ドラマシリーズの大ファンであり、今回満を持しての出演となった。

コメント

伊集院光

ドラマのお話をいただいたとき、いつもは本職の役者さんではないし迷惑をかけたくないという気持ちがあって出演することに躊躇してしまいますが、今回は「ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ぜひ出演したい」という気持ちが強かったです。
全体のあらすじを把握しているのに知らない演技はできないので、監督さんと相談して台本は自分の役に関係があるところだけ読むことにしました。
なので、ほぼ皆さんと同じ気持ちで作品を楽しみにしています(笑)。
まずはドラマを観てもらって、いろいろな人と意見を交わしていただきたいです。

プロデュース・東仲恵吾

伊集院さんに演じてもらう週刊誌の編集長・鍋島は、かつてはジャーナリズム魂で権力に切り込んでいったものの、今は色々なことを忖度している人です。でも、その心にはかつての熱い魂は眠っていて、杏さん演じる椎名が突っ走っている姿を、優しく見守りつつ助けてくれます。
伊集院さんが、そんな鍋島を時に熱く、時に冷静に演じ切っています。
ぜひお楽しみください。

■放送情報
日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』
TBS系にて、10月10日(日)スタート 毎週日曜21:00~21:54放送
出演:小栗旬、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、高橋努、浜田学、河井青葉、六角慎司、山岸門人、竹井亮介、高野ゆらこ、与田祐希(乃木坂46)、國村隼、小林隆、伊集院光、風吹ジュン、比嘉愛未、宮崎美子、吉田鋼太郎(特別出演)、杉本哲太、風間杜夫、石橋蓮司、仲村トオル、香川照之
ナレーション:ホラン千秋
原作:小松左京『日本沈没』
脚本:橋本裕志
プロデュース:東仲恵吾
製作著作:TBS
(c)TBS
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/
公式Twitter:@NCkibou_tbs
公式Instagram:nckibou_tbs



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる