『最後の決闘裁判』ポスタービジュアル公開 ジョディ・カマー登場の場面写真も

 10月15日に日米同時公開される映画『最後の決闘裁判』のポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる脚本を、『ブレードランナー』『オデッセイ』のリドリー・スコットを監督に迎え映画化したもの。

 史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者、被害者マルグリットの夫、訴えられた容疑者という登場人物3人の視点で描いている。

 女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じるのは、『キリング・イヴ/Killing Eve』でエミー賞主演女優賞を受賞したジョディ・カマー。カルージュの旧友ジャック・ル・グリに乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられるも、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるという役柄である。

 マルグリットと共に、決闘裁判に挑む夫ジャン・ド・カルージュ役は『オデッセイ』や『オーシャンズ』シリーズなどのデイモンが演じる。マルグリットを襲った犯人だという疑いをかけられるが無罪を主張する従騎士のジャック・ル・グリ役には、『スター・ウォーズ』シリーズや『マリッジ・ストーリー』などのアダム・ドライバーが出演。カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯はアフレックが演じる。

 なお、これまで史実で抜け落ちていたマルグリットの視点を描くため女性の脚本家が必要だと考えたデイモンとアフレックは、『ある女流作家の罪と罰』で第91回アカデミー賞の脚色賞にノミネートされた脚本家ニコール・ホロフセナーをチームに招いた。さらに、先日行われたヴェネチア国際映画祭で、ジョディも積極的に脚本会議に参加したことが明かされた。

 本ポスターでは、挑むような毅然とした立ち姿が印象的なマルグリットを中心に、カルージュ、ル・グリ、そして彼らの運命を揺さぶる主君ピエール伯がその周りを取り巻き、暗雲立ち込める背景が決闘裁判の行く末を案じさせるビジュアルとなっている。

『最後の決闘裁判』ジョディ・カマー登場シーン

■公開情報
『最後の決闘裁判』
10月15日(金)全国公開
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガー(『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios.  All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる