阪本順治×豊川悦司『弟とアンドロイドと僕』2022年1月公開決定 「冒険作だと思います」

 豊川悦司が主演を務める阪本順治監督作『弟とアンドロイドと僕』が、2022年1月7日より全国順次公開されることが決定した。

 本作は、『北のカナリアたち』『半世界』の阪本監督が、豊川を主演に迎え、「これを撮らなければ自分は先に進めない」と自身の内面にとことん向き合った完全オリジナル脚本の最新作。阪本監督は、脚本執筆前から主演に豊川をイメージして作り上げた。豊川演じる主人公・桐生薫の義理の弟役を安藤政信、父親役を吉澤健が務め、風祭ゆき、本田博太郎らが脇を固める。

 主人公の桐生薫は、孤独なロボット工学者。子どもの頃からずっと、自分が存在している実感を抱けないまま生きてきた。そんな不安を打ち消すため、今は誰も訪れない古い洋館で、「もう一人の“僕”」として、自分そっくりのアンドロイド開発に没頭していた。そんなある日、ずっと会っていなかった腹違いの弟が桐生のもとに訪れる。寝たきりの父親。駅で出会った謎の少女。様々な人々が交錯する中、桐生ともう一人の“僕”の間には“ある計画”があった。

 あわせて公開されたポスタービジュアルでは、豊川演じる主人公の桐生の姿とともに「僕は、ずっと、フィクションだった」というコピーが添えられている。

 出演が決定した豊川からはコメントが寄せられている。

豊川悦二 コメント

撮影は2年前になりますが、この時代にこの物語が受け入れてもらえるかどうか、正直不安がありました。映画である以上、それなりの時代性を伴ってこそ、観客の共感を得ることができると思っていたからです。来年公開されるこの阪本監督の新作は、ある意味、かつてはあり得なかった世界の中でこそ、体験する価値のある作品のような気がしています。もちろん撮影当時は誰もが、今起こっている、このコロナ禍の現実を想像できてはいませんでしたが、あまりに突飛なこのストーリーは、懐古趣味な部分もありますが、作り手の確固たる意思を伴った冒険作だと思います。偶然と言えばそれまでですが、映画だからこそできる世界観を、ウィズコロナという、不安定な世界観の中で、観ていただいた方の中に、たくさんの想いを残せるのではないかと考えています。

■公開情報
『弟とアンドロイドと僕』
2022年1月7日(金)より、kino cinema 横浜みなとみらい・立川高島屋S.C.館・天神ほか全国順次公開
脚本・監督:阪本順治
出演:豊川悦司、安藤政信、風祭ゆき、本田博太郎、吉澤健
配給:キノシネマ
2020年/日本/日本語/94分/カラー/シネスコ/5.1ch/G
(c)2020「弟とアンドロイドと僕」FILM PARTNERS
公式サイト:https://movie.kinocinema.jp/works/otoutoandroidboku



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる