堤幸彦監督特集上映会、11月開催決定 『2LDK』『自虐の詩』の貴重なフィルム上映も

 映画監督・堤幸彦の特集上映が、11月27日よりK’s cinemaを皮切りに、シネ・ヌーヴォ、シネマスコーレ、京都みなみ会館にて開催されることが決定した。

 1988年に『バカヤロー!私、怒ってます「英語がなんだ」』で映画監督デビューをした堤 。監督として手がけた作品は、2021年1月7日公開の『truth~姦しき弔いの果て~』で50本目となる。

 特集上映のタイトルは「堤幸彦監督映画50作公開記念上映会」。女性たちの心の内に迫る新作『truth』の前身ともいえる『2LDK』(2003年)、主人公の深層心理に迫るホラー『EGG』(2002年)、本当の幸福とは何か問いかける『自虐の詩』(2007年)、現代社会で見過ごされそうな生活者たちを追った『MY HOUSE』(2012年)、家族愛を描く『くちづけ』 (2013年)、亡き人たちの語られなかった物語に寄り添う『悼む人』(2015年)、そして特別な“お楽しみ枠”としてサプライズ作品がもう1作上映される。『2LDK』『EGG』『自虐の詩』は貴重なフィルムでの上映となる。

堤幸彦 コメント

気がつくと66歳で、気がつくと50本の映画を撮っていた。元々はバラエティ番組の出身でありMVやコントが専門であったのに、ドラマや舞台の演出もたんまり経験した。20代からまさに休みなしで走り続けてきたが、コロナでふと立ち止まった。半ば強制的に。
静かになって耳をすますとそこには“仕事ないなら自分たちで仕事を創る!”と強い意志を持った女優たちがいた。業界での44年で初めて見たタイプの意志だった。それで映画『truth』が出来た。紛れもない『自主映画』として。
50本目の節目なんて意味はない。立ち止まってはいられない。これから何歳になっても彼女らの純粋な意志に相応しい作品を生み出せるのか、観客の期待や視線に応えられるかどうかが問われている。でも“記念しよう!”と奇特な人々もいた。半分マジな生前葬のような。せっかくだから過去の忘れがたい作品をまとめて見てみたい。そして今後の、コロナ後の作風を考えればいい。きっと幾つかの私の“古いフィルム”にはその年齢のがむしゃらが映っているはずだ。私に声をかけてくれた女優たちの純粋さと、それは果たして戦えるのか……。

上映作品

『2LDK』

出演:野波麻帆、小池栄子
脚本 : 堤幸彦、三浦有為子
撮影 : 唐沢悟
2003年/69分/15作目/ビスタ/ステレオ
(c)「DUEL」パートナーズ
※35mmフィルム上映

『EGG』

出演:チョ・ヘヨン、氏家恵、佐藤二朗、犬山イヌコ
脚本 : 堤幸彦
撮影 : 唐沢悟
2002年/73分/17作目/ビスタ/ステレオ
(c)2002アミューズ
※35mmフィルム上映

『自虐の詩』

原作 : 業田良家
出演:中谷美紀、阿部寛
脚本 : 関えり香、里中静流
撮影 : 唐沢悟
2007年/116分/23作目/ビスタ/ステレオ
(c)2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ
※35mmフィルム上映

『MY HOUSE』

原作 : 坂口恭平
出演:いとうたかお、石田えり、村田勘、板尾創路、木村多江
脚本 : 佃典彦
脚本協力 : 堤幸彦
2012年/93分/34作目/シネスコ/5.1ch/モノクロ
(c)2011「MY HOUSE」製作委員会
※DCP上映

『くちづけ』

原作 : 宅間孝行
出演:貫地谷しほり、竹中直人、宅間孝行、田畑智子、橋本愛
脚本 : 宅間孝行
2013年/122分/36作目/シネスコ/5.1ch
(c)2013「くちづけ」製作委員会
※DCP上映

『悼む人』

出演:高良健吾、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶ
脚本 : 大森寿美男
2015年/138分/40作目/シネスコ/5.1ch/※R-15
(c)2015「悼む人」製作委員会/天童荒太
※DCP上映

■開催情報
「堤幸彦監督映画50作公開記念上映会」
11月27日(土)~12月3日(金)K’s cinema にて開催
以後、12月11日(土)シネ・ヌーヴォ、12月18日(土)~シネマスコーレ、12月24日(金)~京都みなみ会館にて開催
※各映画館では1日1回上映を予定。上映時間などは劇場にて

『truth ~姦しき弔いの果て~』
2022年1月7日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開予定
(c)2021映画「truth~姦しき弔いの果て~」パートナーズ



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる