『スウィート・シング』予告編&新場面写真公開 タランティーノ「最もパワフルな作品」

『スウィート・シング』予告編&新場面写真

 10月29日より全国順次公開される『スウィート・シング』の予告編と新たな場面写真が公開された。

 本作は、『イン・ザ・スープ』や『フォー・ルームス』などで知られ、ジム・ジャームッシュと並んで米インディーズ映画のアイコンとして知られるアレクサンダー・ロックウェル監督の最新作。

 本作は、親に頼ることができず自分たちで成長していかなくてはならない15歳の姉ビリーと11歳の弟ニコ、そしてその家族の物語。ロックウェル監督の実の娘ラナと息子ニコがビリーとニコをそれぞれ演じる。監督の実の妻である女優カリン・パーソンズが母親イヴを演じ、『イン・ザ・スープ』からの盟友で、『ウェンディ&ルーシー』や『ミナリ』で知られる名脇役ウィル・パットンが父親アダム役で出演している。

 予告編では、本編で強い印象を残す楽曲の一つ、数奇な運命を辿った60年代アメリカのシンガー カレン・ダルトンの「Something On Your Mind」を使用。酒に溺れる父アダム、家出して子供たちはそっちのけの母イヴ、そんな両親との暮らしの中でビリーとニコは少年マリクに出会う。幻想的なパートカラーの映像やユニークな英字テロップなど、ロックウェル監督のチームが手がけたオリジナル予告編が最大限に活かされている。映画監督のクエンティン・タランティーノは「この数年に観た新作で、最もパワフルな作品の一つだ」とコメントしている。

『スウィート・シング』予告編

 新たな場面写真では、『スタンド・バイ・ミー』へのオマージュのような線路上を歩く3人のモノクロ写真や、『ハッシュパピー バスタブ島の少女』を彷彿させる粒子の粗いカラー写真などが切り取られている。

『スウィート・シング』場面写真

■公開情報
『スウィート・シング』
10月29日(金)より、ヒューマントラスト渋谷、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開
監督・脚本:アレクサンダー・ロックウェル
配給:ムヴィオラ
2020年/アメリカ/91分/DCP/モノクロ+パートカラー/原題:Sweet Thing
(c)2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる