マーサの運命が大きく変わる冒頭10分 レミ・シャイエ監督作『カラミティ』本編映像公開

『カラミティ』本編冒頭10分公開

 9月23日に公開されるレミ・シャイエ監督作『CALAMITY(カラミティ)』より、本編冒頭10分の映像が公開された。

 本作は、伝説の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンの少女時代を描いた物語。女性は女性らしくという西部開拓時代のアメリカで、マーサは家族を支えるために髪を切り、ジーンズをはくことを決意。生きていくために必要な乗馬、馬車の運転、投げ縄といった“男の作法”を苦労して習得する。主人公・マーサが様々な困難に立ち向かう中で、周りの大人たちに影響を与え、大人たちもいつしか少女とともに成長するという物語だ。

 公開された本編は、主人公マーサが家族を支えるためにこれまでの生き方を大きく変えるきっかけとなった冒頭10分。父親が馬に踏まれ負傷してしまい、まだ幼い妹と弟の面倒も見なけれならないマーサ。父の代わりに家族を支える決心をすることで、マーサの運命は大きく変わっていく。

『カラミティ』本編冒頭10分

 日本語吹替版では、主人公マーサ・ジェーンをYouTuber・モデルでも活躍中の福山あさきが演じる。マーサの妹レナ役には松永あかね、幼い弟エリージャには木野日菜、マーサの親友イヴには木戸衣吹がキャスティングされた。さらにマーサのライバルのイーサンには畠山航輔、その父親でマーサを追い込む旅団長アブラハムには杉田智和、イヴの父親には上田燿司が選ばれた。浅水健太朗、成澤卓、前内孝文といった『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』でおなじみの声優陣も出演している。また、物語後半に登場するマーサのバディ役には林瑞貴が抜擢された。

『カラミティ』場面カット

■公開情報
『CALAMITY カラミティ』
9月23日(木)より、新宿バルト9ほか全国順次公開
監督:レミ・シャイエ
出演(日本語吹替版):福山あさき、畠山航輔、松永あかね、木戸衣吹、杉田智和、上田燿司ほか
配給:リスキット
2020年/フランス・デンマーク/フランス語/日本語字幕/日本語吹替え/DCP/カラーCS/82分
(c)2020 Maybe Movies ,Norlum ,2 Minutes ,France 3 Cinem
公式サイト:https://calamity.info
公式Twitter:@calamity_movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる