山田裕貴、『ハコヅメ』クランクアップ 「俺の夏でした。楽しかったです」

山田裕貴、『ハコヅメ』クランクアップ

 9月15日22時より最終話が放送される『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』(日本テレビ系)に出演中の山田裕貴がクランクアップを迎えた。

 本作は、講談社『モーニング』で連載中の元警察官の著者・泰三子による漫画『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』をドラマ化した“やけにリアルな交番エンターテインメント”。『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の根本ノンジが脚本を担当し、戸田恵梨香が元エース刑事・藤聖子を、永野芽郁が新米女性警察官・川合麻依をそれぞれ演じている。

 捜査一係の“モジャツン”ペアのツンこと山田武志を演じていた山田。クランクアップは、町山警察宿舎の川合の部屋でのシーンとなった。リラックスした雰囲気で藤(戸田恵梨香)、川合(永野芽郁)、源(三浦翔平)らとホットプレートで焼肉を食べながらの和気あいあいとした場面。日夜、事件を追いかける刑事達の束の間の憩いの時となる。

 最後のシーンを撮り終え、「只今のシーンを持ちまして、山田裕貴さんオールアップです!」の声がかかると、一同から大きな拍手が。何度も何度もお辞儀をして拍手に応える山田に監督から花束が渡され、「結構、さびしいです。それくらい楽しかったんだな、楽しめたんだなと思いました。それは、ここにいる全てのみなさまのおかげだと思っているので、本当にありがとうございました。お疲れさまでした」とコメント。

 最後にスタッフから「山田さんにとって、『ハコヅメ』とは?」と聞かれると、山田は「俺の夏でした。楽しかったです。楽しんで時間が過ぎていきました。ありがとうございました!」と清々しい笑顔で撮影を振り返った。

■放送情報
『ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜23:00放送
出演:戸田恵梨香、永野芽郁、三浦翔平、山田裕貴、西野七瀬、平山祐介、千原せいじ、ムロツヨシ
原作:泰三子『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』(講談社『モーニング』連載中)
脚本:根本ノンジ
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:藤森真実、田上リサ(AX-ON)
協力プロデューサー:大平太
演出:菅原伸太郎、南雲聖一、伊藤彰記
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/hakozume/
公式Twitter:@hakozume_ntv
公式Instagram:@hakozume_ntv



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる