阿部純子、忍成修吾らが出演 イヤードラマ『清く正しく美しくない恋をしていた』配信開始

 阿部純子、忍成修吾らが出演するイヤードラマ『清く正しく美しくない恋をしていた』が、音声版サブスクリプションサービス「NUMA」にて9月10日より配信スタートした。

 本作は、映画『カノジョは嘘を愛しすぎている』や『ちはやふる』の小泉徳宏監督(株式会社ロボット所属)が主宰する、シナリオ制作チーム「モノガタリラボ」と、音声版サブスクリプションサービス「NUMA」による、『欲望の住処』に続くコラボ作品第2弾。

 脚本・監督を務めるのは、「モノガタリラボ」メンバーで、劇団「ナナカマド」主宰でもある上村奈帆。2018年、監督・脚本を務めた『書くが、まま』がMOOSIC LAB 2018観客賞・最優秀女優賞を受賞。同年には脚本を担当した『ばぁちゃんロード』を篠原哲雄監督が映画化、2020年には『根矢涼香、映画監督になる。』(監督・脚本・編集)が劇場公開された。

 夫に不満はないけれど、どこかで自分を偽っているように感じる退屈な日々を送っていた清(せい)が、ある日、SNSを通じて初恋の人と再会。学生時代にお互いに特別な存在であった二人は、再会した夜に想いが再燃する。15歳の時に交わした約束を果たすかのように駆け落ちし、二人の旅が始まるーー。青春に閉じ込めたはずの初恋の甘酸っぱさと不倫のドキドキさが同居する作品となる。

 主人公・清を演じるのは、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や、映画『ソローキンの見た桜』『孤狼の血』『Daughters』など作品に出演し、10月には『燃えよ剣』の公開も控える阿部。清の初恋の人である“端(はた)くん”を、ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)や映画『青葉家のテーブル』などの忍成が演じる。そのほか、清の夫・正希(まさき)役で足立智充、清と端くんの中学生時代役として伊礼姫奈と福崎那由他が出演する。

 2021年4月1日よりスタートしたイヤーコンテンツ配信サイト「NUMA」では本作以外にも、桑田佳祐が作詞・作曲し、坂本冬美が歌唱する楽曲を歌詞の世界観に沿ってイヤードラマ化した、木村多江主演の『ブッダのように私は死んだ』(特別編集版)や、神木隆之介が一人7役を声だけで表現するドラマ『300年後の日本昔ばなしリーマン太郎』、桜田通、兵頭功海が演じる集合住宅スリラー『親切な隣人』、映画『街の上で』の今泉力哉監督と中田青渚が再タッグを組んだ『はなのこと。』などの作品が配信されている。

■配信情報
『清く正しく美しくない恋をしていた』(全5話)
9月10日(金)より配信(毎週金曜新エピソード更新)
出演:阿部純子、忍成修吾、足立智充、伊礼姫奈、福崎那由他ほか
脚本・監督:上村奈帆
作品配信URL:https://numa.jp.net/mob/cont/contShw.php?site=NM&cd=DSE00036

NUMA(https://numa.jp.net/)
NUMAプレミアム:月額(聴き放題)580円(税込)
※毎週 月・水・金 コンテンツ更新予定

NUMA Official Twitter:https://twitter.com/NUMA_JPN
NUMA Official Instagram:https://www.instagram.com/numa_jpn/
NUMA Official Facebook:https://www.facebook.com/NUMA.JPN/
NUMA Official YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCulPVAx-yU76zkSL_Y1rXLw



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる