『ボイスII』重藤雄二がひかりに銃を向ける理由は? 小林竜樹、村上穂乃佳の出演も決定

『ボイスII』重藤雄二がひかりに銃を向ける

 日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』第8話に小林竜樹と村上穂乃佳が出演することが決定し、あわせて新場面写真が公開された。

 本作は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の2年ぶりの続編。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃えた男・樋口彰吾を演じた唐沢寿明と、特殊能力を生かし、事件の鍵を“声”と“音”で紐解く緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役の真木よう子、警察官・石川透役の増田貴久が前作に引き続き出演する。

 公開された場面写真では、重藤雄二(増田昇太)が、恋人であるひかり(真木よう子)に拳銃を突きつける様子が切り取られている。

 樋口(唐沢寿明)の後継者の班長、そして橘ひかり(真木よう子)の恋人として登場した重藤は第1話で凄惨な最期を迎たはずだったが、第7話で生きていたことが明らかになった。

 また、重藤の生存に関わる重要人物として小林が佐野役、村上が恵美役で出演。小林は「良い緊張感の中、演じさせて頂きました」、村上は「第8話は特に驚く展開が多いです。台本を読んでいて思わず声が出てしまうほど」とそれぞれ語っている。

 小林と村上からのコメント全文は以下の通り。

コメント

(左から)小林竜樹、村上穂乃佳

小林竜樹

佐野雅弘という役を頂いて、『ボイスII』にお邪魔させて頂きました。佐野という役は重藤元班長の生存に関わる人物なのですが、撮影中、増田昇太さん、村上穂乃佳さんと、役の関係上、あまり和気あいあいとは行かず、もっとお話し出来れば良かったです。心の底では寂しかったです、笑。それでも、温かい監督、各部の皆さん、そして増田昇太さん、村上さんを初めとする出演者の皆さんに優しく受け入れてもらい、良い緊張感の中、演じさせて頂きました。僕自身、どのような第8話に仕上がっているのか、そして今後、どのような展開へと繋がっていくのか、とても楽しみです。皆さんと一緒に最後まで、手に汗握り、見届けようと思います。是非ご覧くださいませ。

村上穂乃佳

大好きな作品に携わることができ、とても嬉しいです。毎週動悸を起こしながらドラマを視聴していますが、第8話は特に驚く展開が多いです。台本を読んでいて思わず声が出てしまう程……。現場ではスタッフ、キャストの皆様が温かく迎えて下さり安心して撮影に挑むことができました。大切な人を思い、ただ真っ直ぐにひとりの女性を演じました。いちボイスファンとして放送が楽しみです。

■放送情報
『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜放送
出演:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、宮本茉由、中川大輔、藤間爽子
原作: Based on the series “Voice”,produced and distributed
by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd,and written by Jinwon Ma.
脚本:浜田秀哉
音楽:ゲイリー芦屋
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、能勢荘志、戸倉亮爾 (日テレアックスオン)
演出:大谷太郎、久保田充、西村了(日テレアックスオン)、茂山佳則(日テレアックスオン)
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice2/
公式Twitter:@voice_ntv
公式Instagram:@voice.ntv



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる