藤井道人監督作『余命10年』劇伴音楽にRADWIMPS 超特報映像も公開

『余命10年』劇伴音楽にRADWIMPS

 2022年公開の藤井道人監督作『余命10年』の劇伴音楽をRADWIMPSが担当することが決定。劇伴音楽入りの超特報映像も公開された。

 2017年に発売され、累計発行部数50万部を突破している小坂流加の同名小説を映画化する本作は、数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉が主人公の物語。茉莉は、生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていたが、地元の同窓会で和人と出会い、茉莉の10年が大きく動いていく。

 原作は、第6回静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」の大賞を受賞。文庫化と同時に、著者が主人公同様に難病を抱え病状が悪化、本作の文庫版発行直前の2017年2月にすでに逝去していたことが明らかになっている。

 『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』の藤井が監督を務め、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』の岡田惠和と、『一億円のさようなら』(NHK BSプレミアム)の渡邉真子が脚本を手がける。

 RADWIMPSが映画全編の音楽を手がけるのは、新海誠監督のアニメ映画『君の名は。』、『天気の子』に続き3作目。実写映画の劇伴音楽を手がけるのは本作が初となる。野田洋次郎(Vo)は「はじめて実写映画での劇伴作業は挑戦に満ちたもの」とし、「(主人公の)茉莉や和人やその周りでたしかに生きる登場人物たちにどんな音で寄り添うべきなのか、背中を押すべきなのか、幾度もの苦悩があった」と音楽制作の現場を振り返る。また「総合計時間にすると『余命10年』を100回近く観たが、最終のオーケストラ本番レコーディングで画面を観ながら涙がポロポロと出てきた」と語った。

 藤井監督は、野田がクランクインより前に脚本から受けたインスピレーションで作った音楽を聴きながら撮影を進めた。「野田さんに導いてもらいながらこの作品は完成した。至福の時間だった」と撮影を振り返っている。

映画『余命10年』超特報 2022年春公開

 今回公開された劇伴音楽入りの超特報映像は、「あと10年しか生きられないとしたら……」とタイプするシーンから始まる。徐々に音が重なっていくなかで、主人公の茉莉の様々なシーンでの背中が映し出されていく。

 メインキャストについては近日発表される予定だ。

■公開情報
映画『余命10年』
2022年公開
原作:小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和、渡邉真子
音楽:RADWIMPS
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2022映画「余命10年」製作委員会
公式Twitter:@yomei10movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる