『彼女はキレイだった』に赤ペン瀧川が出演 謎の作家の担当編集者役で中島健人と共演

赤ペン瀧川、『かのきれ』第9話に出演へ

 毎週火曜21時よりカンテレ・フジテレビ系にて放送中の『彼女はキレイだった』。9月7日放送の第9話に赤ペン瀧川が出演することが決定した。

 本作は、さえない太っちょの少年からイケメンの“最恐毒舌”エリートになった長谷部宗介(中島健人)と、優等生の美少女から無職の残念女子になった佐藤愛(小芝風花)という真逆の成長を遂げた二人の“すれ違う初恋”の行方を描く胸キュンラブストーリー。

赤ペン瀧川

 “ドラマプレゼンター”として、TV、ライブ、コラムなど多方面で活躍しながら、俳優としても『着飾る恋には理由があって』(TBS系)などに出演してきた赤ペン瀧川は、本作で謎の作家“楠瀬凛”の担当編集者・中松として出演。長谷部宗介役の中島健人との共演を果たした。

 瀧川は「自分が毎週紹介しているドラマに出演するという経験があまりなかったので緊張しました。ドラマを見続けているので、“本物の宗介が来た!”ってなりました(笑)。中島健人さんがいるというよりは長谷部宗介がいるという感じでしたね」と中島との共演についてコメント。佐藤愛を演じる小芝風花についても「ハッピーなオーラというかキラキラとしていてめちゃくちゃかわいかったです。あと、私のスライドをすごくほめて下さって…すごくうれしかったです(笑)」と語った。

 また、ドラマについて「やっぱり展開が早いということと、それぞれがちゃんと悩んで苦しんで自分の殻を破っていくという恋愛ドラマでありながら、成長ドラマである部分もちゃんと描かれているので、僕自身、楽しんで見ています。胸キュンキラキラ系だけで終わらない、仕事・仲間・生き方・愛し方などがセリフだけではなく演技の部分でも描かれているので、見ごたえがあるドラマです」とコメントを寄せた。

■放送情報
『彼女はキレイだった』
カンテレ・フジテレビ系にて、毎週火曜21:00〜放送
出演:中島健人、小芝風花、赤楚衛二、佐久間由衣、高橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宇垣美里、寒川綾奈、村瀬紗英、山田桃子、LiLiCo、木村祐一、菅原大吉、本多力、片瀬那奈ほか
原作:『彼女はキレイだった』(c)MBC/脚本 チョ・ソンヒ
脚本:清水友佳子、三浦希紗
音楽:橋本由香利
主題歌:Sexy Zone「夏のハイドレンジア」(Top J Records)
オープニング曲:Awesome City Club「夏の午後はコバルト」(cutting edge)
演出:紙谷楓、木下高男、松田祐輔
プロデューサー:萩原崇、芳川茜、渋谷英史
制作:カンテレ、共同テレビ
(c)カンテレ
公式サイト:https://www.ktv.jp/kanokire/
公式Twitter:@kanokire
公式Instagram:@kanokire.tue21
長谷部宗介 by 中島健人Instagram:@k.n_sosuke.hasebe



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる