『クーリエ:最高機密の運び屋』新場面写真公開 製作のこだわりを明かす監督コメントも

『クーリエ』新場面写真公開

 9月23日に公開されるベネディクト・カンバーバッチ主演映画『クーリエ:最高機密の運び屋』の新場面写真が公開された。

 本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描いたスパイサスペンス。

 1962年10月、アメリカとソ連、両大国の対立は頂点に達し、「キューバ危機」が勃発した。世界中を震撼させたこの危機に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、実在した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンだった。スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIA(アメリカ中央情報局)とMI6(英国秘密情報部)の依頼を受けてモスクワに飛んだウィンは、国に背いたGRU(ソ連軍参謀本部情報総局)高官との接触を重ね、そこで得た機密情報を西側に運び続けるが……。

 主人公グレヴィル・ウィンを演じるのは、『ドクター・ストレンジ』『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のカンバーバッチ。本作では製作総指揮も務めた。そのほか、『ブリッジ・オブ・スパイ』のメラーブ・ニニッゼ、『マーベラス・ミセス・メイゼル』のレイチェル・ブロズナハン、『ワイルド・ローズ』のジェシー・バックリーらが脇を固める。『追想』のドミニク・クックが監督を務めた。

IRON_D20_LD_054.ARW
IRON_D23_LD_225.ARW
IRON_D24_LD_160.ARW
IRON_D38_LD_108.ARW
previous arrow
next arrow
IRON_D20_LD_054.ARW
IRON_D23_LD_225.ARW
IRON_D24_LD_160.ARW
IRON_D38_LD_108.ARW
previous arrow
next arrow

 このたび公開された場面写真には、ある日突然スパイとなった平凡なセールスマン、ウィン(ベネディクト・カンバーバッチ)が緊張の面持ちでロンドンの街を歩く姿や、常に盗聴・監視されていることに警戒してアイコンタクトで何かを伝えるような場面が切り取られている。さらに、スパイになったことをひた隠しにする夫の変化を感じ取り、不安げな表情を見せるウィンの妻シーラ(ジェシー・バックリー)や、頭にスカーフを巻いてソ連側に潜入するCIA局員エミリー(レイチェル・ブロズナハン)といった女優陣の姿も見ることができる。

 クック監督は、「色を限定したんだ」と語り、「たとえば、赤いレンガは使わないことにした。厳しさを感じさせたかったので、赤いレンガは一つもないんだ。ソフトで温かで趣きのある世界にはしたくなかったんだ」と明かす。衣装に関しても同じように色味が限定された。登場人物たちは保守的で派手ではないので、それが服装にも表れている。「今のように、なんでも手に入る時代ではなかったから、人々は服をそれほど多くは持っていなかった。中流階級の人で、スーツを二着持っていたくらいだろうね。可処分所得はそれほどなかったから、今と比べると服は決して安いものではなかったんだ」と続け、「1960年代初めを舞台にしたスパイ映画や時代映画を何本も見たよ。60年代に作られた映画と、それ以降に作られた映画には面白い違いがあるよ。60年代の映画は派手さがなくて、よりリアルなんだ」とコメントを寄せた。

■公開情報
『クーリエ:最高機密の運び屋』
9月23日(木・祝)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:ドミニク・クック
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリー
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2021年/イギリス・アメリカ合作/英語・ロシア語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/112分/原題:The Courier/G
(c)2020 IRONBARK, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:https://www.courier-movie.jp
公式Twitter:@courierjp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる