ロシア戦争映画『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』11月19日公開 ポスター&予告編も

ロシア戦争映画『1941』11月公開

 ロシア映画『The Last Frontier(英題)』が、『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』の邦題で11月19日に公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

 本作は、「モスクワ攻防戦」に参加した若き士官候補生たちの知られざる史実を描いた戦争映画。1941年、ヒトラーがソ連に奇襲攻撃を行った。ソ連軍は首都モスクワを目指すドイツ軍に総力戦で抵抗し、激戦の果てモスクワの防衛に成功した。これはナチス・ドイツが喫した初めての大きな敗北であり、第2次世界大戦そのものの流れを変える転換点となった。

 当時の戦いを正確に描くため、近年ロシア国防省が機密解除した文書・資料に基づき脚本を作成。激戦の地イリンスコエ前線のあった地に、村、道路、橋、人工の川といったレプリカが、当時の航空写真に基づいて正確に復元された。さらに、ソ連・ドイツ両軍の戦車、装甲車、大砲、航空機等の兵器は、博物館に保管されている本物が使用された。

 公開されたポスターと予告編は、迫力の戦闘シーンが垣間見える内容となっている。

『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』予告編

『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』場面写真

■公開情報
『1941 モスクワ攻防戦80年目の真実』
11月19日(金)より、グランドシネマサンシャイン池袋ほか全国公開
監督・脚本:ヴァディム・シメリェフ
出演:セルゲイ・ボンダルチュク/グラム・バブリシヴィリ
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
202年/ロシア映画/ロシア語/142分/シネマスコープ/字幕:藤本聡/原題:The Last Frontier
(c) Voenfilm
公式サイト:1941.jp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる