小堺一機、津田健次郎、田中俊介が『すべてが変わった日』に絶賛コメント

 8月6日に公開される映画『すべてが変わった日』に著名人が絶賛コメントを寄せた。

 全米興行収入ランキングで初登場第1位を記録した本作は、1960年代を舞台にしたサイコスリラー。ダイアン・レインとケヴィン・コスナーのほか、『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のジェフリー・ドノヴァン、『ディセンダント』のブーブー・スチュワートが出演する。

 1963年、モンタナ州の牧場で元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケヴィン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナ(ケイリー・カーター)が、ドニー・ウィボーイ(ウィル・ブリテン)と再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランチ・ウィボーイ(レスリー・マンヴィル)だった。

 本作にコメントを寄せたのは、小堺一機、津田健次郎、田中俊介ら。また、漫画家でイラストレーターの茶んたによる描き下ろしイラストも公開された。

コメント

小堺一機

狂気に立ち向かうには勇気がいる。その勇気は誰がくれるのか?
束縛と抱擁を間違えてはいけない。
恐怖は人を操れるが支配は出来ない、人は素晴らしく、また恐ろしい!

津田健次郎(声優、俳優、映像監督)

老いてなお人生は痛みと苦しみに満ちている。主演の2人が魅せる、先の読めない重厚なサスペンスだ。

田中俊介(俳優)

名優2人の芝居、雄大なアメリカの景色に魅了され、サイコスリラーということを忘れ、所々であたたかいロードムービーを観ているかのような錯覚に陥る。だが…それはもちろん錯覚でした! ヴィラン臭プンプンに漂わせながらの登場! レスリー・マンヴィル! からのVS展開に大興奮! 2人とも奪還計画もっと練ろうよ! 相手側の家族怖すぎるって! とかとか…細かいことを考えることなかれ! これは面白い!!!!

茶んた(イラストレーター、漫画家)

レイナス(「ホラー通信」記者)

暴力も狂気も、穏やかな日常のすぐ隣にあることを思い知らされます。凄まじい展開に何度も息を呑みました。

■公開情報
『すべてが変わった日』
8月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:トーマス・ベズーチャ
原作:ラリー・ワトソン
出演:ダイアン・レイン、ケヴィン・コスナー、レスリー・マンヴィル、ケイリー・カーター、ジェフリー・ドノヴァン、ブーブー・スチュワート
配給:パルコ ユニバーサル映画
(c)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:subetegakawattahi.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる