斧を振り下ろさんとする男にダイアン・レインの叫び声 『すべてが変わった日』本予告公開

『すべてが変わった日』本予告

 8月6日に公開される『すべてが変わった日』の本予告が公開された。

 全米興行収入ランキングで初登場第1位を記録した本作は、1960年代を舞台にしたサイコスリラー。ダイアン・レインとケヴィン・コスナーのほか、『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』のジェフリー・ドノヴァン、『ディセンダント』のブーブー・スチュワートが出演する。

 1963年、モンタナ州の牧場で元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケヴィン・コスナー)と妻のマーガレット(ダイアン・レイン)は、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナ(ケイリー・カーター)が、ドニー・ウィボーイ(ウィル・ブリテン)と再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランチ・ウィボーイ(レスリー・マンヴィル)だった。

『すべてが変わった日』本予告

 公開された本予告では、マーガレットとジョージに襲い掛かる恐怖が鮮明に映し出される。姿を消した義理の娘と孫の行方を追う道中で「誰かに尋ねりゃ向こうがあんたらを見つけるよ」と話す男。見つけられ、足を踏み入れた再婚相手の実家で対峙した再婚相手の母親・ブランチ。歓迎されていない様子がまざまざと見て取れる、一触即発の雰囲気が醸し出されている。「きっと殺されるわ」とマーガレットとジョージに打ち明ける娘や、孫と思われる子供を抱きかかえるマーガレットの姿などが映し出され、映像の最後は斧を振り下ろさんとする男の背後に聞こえるマーガレットの叫び声で終わる。

20210711-subete03
20210711-subete04
20210711-subete05
20210711-subete06
previous arrow
next arrow
20210711-subete03
20210711-subete04
20210711-subete05
20210711-subete06
previous arrow
next arrow

■公開情報
『すべてが変わった日』
8月6日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
監督・脚本:トーマス・ベズーチャ
原作:ラリー・ワトソン
出演:ダイアン・レイン、ケヴィン・コスナー、レスリー・マンヴィル、ケイリー・カーター、ジェフリー・ドノヴァン、ブーブー・スチュワート
配給:パルコ ユニバーサル映画
(c)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:subetegakawattahi.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる