浅野忠信、“息子”永瀬廉との関係を語る 『おかえりモネ』第8週は「涙が止まらなかった」

浅野忠信、“息子”永瀬廉との関係を語る

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おかえりモネ』。及川新次役の浅野忠信よりコメントが寄せられた。

 本作は、「海の町」宮城県・気仙沼で生まれ育ち、「森の町」登米で青春を送るヒロイン百音(清原果耶)が、“気象予報”という「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、人々に幸せな「未来」を届けてゆく、希望の物語。

 第8週「それでも海は」では、新次(浅野忠信)、亮(永瀬廉)、美波(坂井真紀)、及川家の過去が描かれている。第39話では、永浦家に連れられてきた新次が、耕治(内野聖陽)や亜哉子(鈴木京香)、龍己(藤竜也)の前で、長い間抱えてきたどうにもならない苦しさを吐露する姿が映し出された。

 第8週の撮影は浅野にとって大変なものだったそうで、「台本を読みながら涙が止まらなかったです、本当に。セリフの練習をしなくちゃいけないのに、一つのシーンを読むだけで涙が止まらなくて、練習にならないんですね」と撮影を振り返る。続けて、「『俺は絶対に 立ち直らねえ』という新次のセリフは、丸め込まれていなくて、僕自身にも強く刺さりまし た。僕を信頼してあのセリフを言わせてくれた安達(奈緒子)さんやスタッフに感謝ですし、僕にとっても非常に大事なシーンです」とその思いを述べた。

 幼なじみである耕治と新次の関係については、「ずっと一緒に育ってきた幼なじみで、強い絆があるとは信じています。新次は、誰が悪いわけでなく、地震というものによって大切なものを失いました。親友である耕治との関係も、仲がよかったからこそ、お互い複雑な気持ちを持っていると思います。そういう意味では耕治に甘えている部分があって、強く当たってしまうんだと思います」と分析。

 息子・亮を演じる永瀬については、「撮影では、廉くんと良いコミュニケーションが取れていると思います。この第8週のシーンを撮影した後、僕の楽屋に来て、二人でそのシーンがどうだったかっていう話もしたりしているので、とても良い親子関係を作れていると思います」と絶大な信頼を寄せていることを明かした。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:清原果耶、内野聖陽、鈴木京香、蒔田彩珠、藤竜也、竹下景子、夏木マリ、坂口健太郎、浜野謙太、でんでん、西島秀俊、永瀬廉、恒松祐里、前田航基、高田彪我、浅野忠信ほか
脚本:安達奈緒子
制作統括:吉永証、須崎岳
プロデューサー:上田明子
演出:一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子ほか
写真提供=NHK



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる