恒松祐里×河合優実×坂ノ上茜がホラーに挑戦 イヤードラマ『夢の中のメロディ』配信

恒松祐里ら、イヤードラマでホラーに挑戦

 恒松祐里、河合優実、坂ノ上茜、猪塚健太らが出演するホラー・サスペンスイヤードラマ『夢の中のメロディ』が、6月14日より音声版サブスクリプションサービス「NUMA」にて配信スタートした。

 2021年4月1日よりスタートしたイヤーコンテンツ配信サイト「NUMA」では、桑田佳祐が作詞・作曲し、坂本冬美が歌唱する楽曲を歌詞の世界観に沿ってイヤードラマ化した、木村多江が主演を務める楽曲と同名の作品『ブッダのように私は死んだ』(特別編集版)や、神木隆之介が一人7役を声だけで表現するドラマ『300年後の日本昔ばなしリーマン太郎』、桜田通、兵頭功海が演じる集合住宅スリラー『親切な隣人』、映画『街の上で』の今泉力哉監督と中田青渚が再タッグを組んだ『はなのこと。』、野村周平主演『エレベーターはもう開かない』などの作品が配信されている。

 『夢の中のメロディ』は、女子高生たちが遭遇したある夏の日の悪夢を描いたホラー・サスペンスドラマ。“自称”オカルト部に所属する女子高生・紗友里、と佐子は、放課後部室に集まっては怖い話に花を咲かせていた。そんなある日、盲目の転校生、美咲がやってくる。紗友里と佐子は、美咲のミステリアスな部分に惹かれていき、やがて仲良くなった3人は、青春の思い出作りに、隣町の心霊スポット“呪いの館”を訪れることに……。 

 女子高生・紗友里役を務めるのは、朝ドラ『おかえりモネ』(NHK総合)に出演し、『全裸監督 シーズン2』のニューヒロインを務めている恒松。紗友里と一緒に“自称“オカルト部に所属する佐子を、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、『町中華で飲ろうぜ』(BS-TBS)などドラマ・バラエティと幅広く活躍している坂ノ上、盲目の転校生・美咲を、『サマーフィルムにのって』『由宇子の天秤』の河合がそれぞれ演じる。また、紗友里の兄役で『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』の猪塚が出演する。

恒松祐里 コメント

音声ドラマでホラー作品をやったらどうなるか。最初はどうなるのか想像がつかなかったのですが、完成したものを聴いたら本当に怖い!!! 一人で聴いていたのですが、怖すぎて途中から家族がいる部屋でイヤフォンを外して聴いたくらい怖くて……(笑)。普通の会話なのに、どこか不気味さを感じたり、後半に連れて臨場感あふれる展開になっていったりと、とても聴き応えのある作品になっています。“声だけ”だからこそ、次何が耳元で聴こえるのかわからない怖さが新鮮でした。コロナ禍でお化け屋敷に行けない今、おうちで一人ホラーを楽しんでみて下さい! きっとこの夏いい感じに涼しくなれる作品になっていると思います!

■配信情報
『夢の中のメロディ』(全5話)
NUMAにて配信中 ※配信毎週月曜日新エピソード更新
脚本:山内直哉
ディレクターズユニット:閉会宣言
制作プロダクション:スタジオねこ
出演:恒松祐里、坂ノ上茜、河合優実、猪塚健太

NUMA(https://numa.jp.net/)
NUMAプレミアム:月額(聴き放題)580円(税込)
※毎週 月・水・金 コンテンツ更新予定
NUMA Official Twitter:https://twitter.com/NUMA_JPN
NUMA Official Instagram:https://www.instagram.com/numa_jpn/
NUMA Official Facebook:https://www.facebook.com/NUMA.JPN/
NUMA Official YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCulPVAx-yU76zkSL_Y1rXLw



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる