渡辺大知、『ちむどんどん』で川口春奈に求愛する“お坊ちゃん”に 「なんだか憎めないやつ」

 2022年度前期NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』に渡辺大知が出演することが発表された。

 朝ドラ第106作目となる本作は、個性豊かな沖縄四兄妹の、本土復帰からの歩みを描く笑って泣ける朗らかな、50年の物語。連続テレビ小説『マッサン』、『昭和元禄落語心中』などを手がけてきた羽原のオリジナル作品となる。主人公・比嘉暢子を黒島結菜が演じ、「語り」を沖縄県出身のジョン・カビラが担当する。

 渡辺が演じるのは、村では有数の裕福な家の跡取り・喜納金吾。暢子の姉・良子(川口春奈)に熱く片思いをしており、ノーガードな求愛を繰り広げる。

 渡辺は本作が3度目の朝ドラ出演。現場のチームのよさにいつも驚かされるようで、「キャストの方もスタッフの方も1年近く、毎日のように同じ作品に向き合っているので、いつもチームワークが凄いなと思っています。それだけ長くやっているので、たまに先輩後輩に関わらず、なんだか全員が学校の同級生で、クラスの出し物を本気でやってる、みたいな気になることがあります」とコメントを寄せた。

渡辺大知 コメント全文

『ちむどんどん』出演の意気込み

喜納金吾は明るく優しいムードメーカーで、好きな人へもガンガンアプローチしていく熱い男です。真っ直ぐすぎて「バカだなぁ」と思っちゃうくらいなんですが、なんだか憎めないやつ。自分がもし先輩だったら可愛がりたくなるようなキャラクターに出来たらなと思います。今は緊張もありますが、『ちむどんどん』の世界をとことん楽しみたいと思います。

連続テレビ小説出演について

朝ドラは3度目なんですが、キャストの方もスタッフの方も1年近く、毎日のように同じ作品に向き合っているので、いつもチームワークが凄いなと思っています。
それだけ長くやっているので、たまに先輩後輩に関わらず、なんだか全員が学校の同級生で、クラスの出し物を本気でやってる、みたいな気になることがあります。

沖縄の印象と好きな沖縄の場所・食べ物・芸術など

沖縄の方と話していると、よく独特のリズム感があるなぁと思います。早口でしゃべっていても穏やかな感じがする、と言いますか。こちらを安心させてくれるような空気感がある気がします。沖縄で生まれた歌や楽器の音色も、沖縄の島の風土や気候が伝わってくるかのような音色で、苦しい時でも聞き手を安心させてくれるような不思議な力があってとても好きです。

■放送情報
NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』
NHK総合にて、2022年春放送
主演:黒島結菜
作:羽原大介
語り:ジョン・カビラ
沖縄ことば指導:藤木勇人
フードコーディネート:吉岡秀治、吉岡知子
制作統括:小林大児、藤並英樹
プロデューサー:松田恭典
展開プロデューサー:川口俊介
演出:木村隆文、松園武大、中野亮平ほか
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる