横浜流星が“伝説のホテルマン”に素で戸惑う 『クリエイターズ・ファイル GOLD』特別映像

横浜流星が“伝説のホテルマン”に素で戸惑う 『クリエイターズ・ファイル GOLD』特別映像

 6月3日に配信されるNetflixオリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』の特別映像が公開された。

 2015年から始まった、お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が様々なクリエイターに扮する「クリエイターズ・ファイル」。絶妙なクリエイター選びとなぜか本物と思わせる台詞や仕草、そして謎のプロフェッショナル感が話題を呼び、オフィシャルYouTubeチャンネルの登録者数は60万人を目前にし、総再生回数は1億3000万回を超える。そんな「クリエイターズ・ファイル」が、Netflixのオリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』として世界進出を果たす。

 公開されたのは、第1話を飾る伝説のホテルマン・折尾豊が独特な方法で俳優・横浜流星の役作りをサポートする映像。大役を務める際は集中力を高めるために、カンペリーザホテルを利用するという横浜。7つ星ホテルのエグゼクティブ・コンシェルジュとして、折尾豊は常連客である横浜の役作りのためにあるものを用意していた。今回料理人を演じることになった横浜流星が役の気持ちを高められるよう、なんと部屋に料理研究家・服部幸應の大きな写真を設置。

 「めちゃくちゃ料理の空気になります」と横浜も大満足な様子だが、もっと料理人の気持ちになりきれるよう、折尾豊はルームウェアを服部幸應が愛用しているマオカラースーツで用意。着用した横浜も思わず鍋をふるう動きをしてみせる。十分すぎる計らいだが、ここで終わらないのが伝説のホテルマン。なんと折尾豊は台本読みの相手までをも務めてしまうのだ。

 台本読みでセリフが腑に落ちない横浜のために、折尾豊はスタッフを呼んで実演を行う。ホテルマンとして他の仕事は大丈夫なのか不安になるが、客観的に見ることができたおかげで横浜も納得できた様子。折尾豊の「応急」で脚本そのものが明らかに改善されていき、横浜も実演に参加することに。熱が入ってきたところで折尾豊が台本にないビンタをスタッフに食らわせ、まさかの行動に横浜も素で戸惑い笑ってしまう。

『クリエイターズ・ファイル GOLD』爆笑映像

■配信情報
『クリエイターズ・ファイル GOLD』
Netflixにて、6月3日(木)全世界独占配信開始
企画:秋山竜次
第1話:伝説のホテルマン「折尾豊」ゲスト:横浜流星
第2話:天才子役「上杉みち」ゲスト:安達祐実
第3話:トータル・ファッション・アドバイザー「YOKO FUCHIGAMI」ゲスト:冨永愛、シークレット
第4話:清純派女優「藤原采」ゲスト:永野芽郁
第5話:TORIMAKIサービス「白木善次郎」ゲスト:八代亜紀、きゃりーぱみゅぱみゅ
第6話:演出家「津山紀文」ゲスト:中尾彬、池波志乃
第7話:童謡詩人「石丸ツワノ」ゲスト:オダギリジョー
第8話:ハリウッド映画監督「ドナルド・C・ダンパー 」ゲスト:シークレット
エグゼクティブ・プロデューサー:神夏磯秀(吉本興業)、水越悠輔(YDクリエイション)、坂本和隆(Netflix)
ゼネラルプロデューサー:三枝亮介(CTB)
プロデューサー:中曽根広樹(GEEKPICTURES)、寺田悠馬(CTB)、三須百合子(CTB)、肥後篤人(吉本興業)
制作協力:GEEK PICTURES
制作プロダクション:CTB
制作:CTB、吉本興業
制作著作:YDクリエイション
公式ページ:www.netflix.com/クリエイターズファイルGOLD

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる