内田理央、『レンアイ漫画家』にレンの母親役で出演 「“責任重大!”と思いました」

内田理央、『レンアイ漫画家』でレンの母親役に

 内田理央が、鈴木亮平主演のフジテレビ木曜劇場『レンアイ漫画家』に第7話(5月20日放送)からゲスト出演することが発表された。

 『モーニング』(講談社)で2010年から2012年の間連載されていた山崎紗也夏による同名漫画を原作とした本作は、漫画一筋で恋愛下手なレンアイ漫画家の主人公・刈部清一郎(鈴木亮平)と“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる崖っぷちアラサー女子・久遠あいこ(吉岡里帆)、そんな恋に不器用な2人が繰り広げるハートフルラブコメディー。『花咲舞が黙ってない』シリーズ(日本テレビ系)や『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)などの松田裕子が脚本を手がけ、『リーガルハイ』シリーズ(フジテレビ系)や映画『ミックス。』の石川淳一が演出を担当する。

 内田が演じるのは、清一郎の弟・刈部純(白石隼也)の別れた妻で、レン(岩田琉聖)の母・秋山美波。清一郎はレンに母親は死んだと美波の存在をひた隠しにしてきたが、突如、美波が清一郎のもとに現れてしまう。この美波の登場により、今まで明かされてこなかった清一郎の過去、恋愛漫画家が恋愛できなくなった理由、その真相が明らかになっていく。そして、清一郎、あいこ、レンの3人の疑似家族にも崩壊の危機が訪れる。

内田理央 コメント

出演が決まった時の感想

うれしかったです! 物語後半に出てくる謎の女の役と聞いて、“責任重大!”と思いました。

今回、演じられた秋山美波について

ちょっと何を考えているのか分からない、何かしでかしそうな、ミステリアスでかまってちゃんな美波。なかなか皆さんの共感を得ることはできないと思いますが(笑)。“ひぇ〜!怖え〜!”と思いながらも楽しく演じさせていただきました。美波との共通点がなかなかなくて、役作りに苦労しました。

鈴木亮平や吉岡里帆と共演した感想

とにかく現場の雰囲気が暖かく居心地がよくて。それはお二人の作る優しい空気感から来ているんだなぁと思いました。

視聴者に向けメッセージ

少しずつ距離が近くなっている清一郎さんとあいこちゃんレンくんを、かき回します。どうなってしまうのか……お楽しみください!

■放送情報
『レンアイ漫画家』
フジテレビ系にて、毎週木曜22:00~22:54放送
出演:鈴木亮平、吉岡里帆、眞栄田郷敦、岩田琉聖、小西桜子、白石隼也、松大航也、奥平大兼、竜星涼、木南晴夏、片岡愛之助ほか
ゲスト:稲葉友
原作:山崎紗也夏『レンアイ漫画家』(講談社モーニングKC刊)
脚本:松田裕子
音楽:末廣健一郎
演出:石川淳一、小林義則、淵上正人
編成企画:佐藤未郷、江花松樹
プロデュース:小林宙
主題歌:佐藤千亜妃「カタワレ」(EMI Records)
オープニングテーマ:BiSH「ZENSHiN ZENREi」(avex trax)
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ
(c)フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる