浅川梨奈と飯島寛騎が音楽で心を通わせる 『悪魔とラブソング』FAKYの主題歌入りOP映像

浅川梨奈と飯島寛騎が音楽で心を通わせる 『悪魔とラブソング』FAKYの主題歌入りOP映像

 6月19日よりHuluにて独占配信されるHuluオリジナルドラマ『悪魔とラブソング』の主題歌がFAKYの「Take my hand」に決定し、あわせてドラマのオープニング映像が公開された。

 集英社の少女マンガ誌『マーガレット』とHuluがコラボレーションするドラマシリーズ『マーガレット Love Stories』の第2弾となる本作。『マーガレット』にて2007年から2011年に掲載された同名少女コミックを原作とし、美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・マリアが、転校を機に理解者を見つけ、自分を偽り他人に合わせて生きてきた同級生たちを変え、絆を作っていく模様を描く。

 浅川梨奈が演じる可愛マリアは、誰にもこびず、凛とした強さがある一方、深く人と関わりたいと願う主人公。そんなマリアと出会い、過去のトラウマと向き合い始める目黒伸役を飯島寛騎が務める。ピアノにコンプレックスを抱える目黒が、葛藤しながらもマリアによって変わっていく。

『悪魔とラブソング』オープニング映像

 公開された映像では、姿を覆い隠すようなスモークの後ろからマリア役の浅川、伸役の飯島、神田優介役の奥野壮、小野花梨や山之内すずらも登場し、個性的なキャラクターたちが、互いにぶつかり合いながらも、歌やピアノなど音楽を通じて徐々に心を通わせていく様子が映し出されている。

 オープニング映像でも使用されているFAKY主題歌の「Take my hand」は、メンバーのLil’ Fang (リルファング)が作詞した書き下ろし楽曲。Lil’ Fangは「元々、原作のファンであったため、今回主題歌をつとめることができてとても光栄です。『悪魔とラブソング』は登場人物が、色んなものを抱えながら、自分らしさであったり、居場所を見つけていくところがすごく印象的だったので、主人公たちを応援する気持ちで”手を取り合って”という意味を込め、『Take my hand』をかかせて頂きました。ドラマを通じて多くの人の心の支えとなる曲になったら嬉しいです」とコメントしている。

 また、本ドラマの大野哲哉プロデューサーは、FAKYの起用について、「数年前からFAKYさんの楽曲は、よく聞いていました。特に『Who We Are』という楽曲は、自分にとってのパワーソングになっていました。『悪魔とラブソング』の実写ドラマ化を準備していた時に、主題歌は、FAKYさんしか考えられないと、オファーする前から自分の中では決まっていました。それは“一人で立つことを恐れない強い想い”を歌っているFAKYさんの楽曲のテーマが、ドラマで描きたいテーマと全く一致していたからです。最初の打ち合わせで『Take my hand』を聴かせていただいたのですが、監督をはじめ、同席していたスタッフ、満場一致で『この曲しかない!』と即決しました。監督は楽曲にほれ込んで、撮影カメラマンや主要スタッフにすぐに共有しました。結果として、『悪魔とラブソング』の映像は、楽曲の雰囲気に相当な影響を受けましたね。映像と音楽のマッチングをぜひお楽しみください」と語っている。

■配信情報
『悪魔とラブソング』(全8話)
Huluにて、6月19日(土)からHuluで一挙独占配信開始
出演:浅川梨奈、飯島寛騎、奥野壮、小野花梨、山之内すず、吉田志織
原作:桃森ミヨシ『悪魔とラブソング』(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:吉田恵里香、おかざきさとこ、蛭田直美
監督:横尾初喜
主題歌:FAKY「Take my hand」(rhythm zone)
音楽:上田壮一
エグゼクティブプロデューサー:長澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:大野哲哉、岡宅真由美
制作協力:アバンズゲート
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/akulove/
公式Twitter:@akuloveHulu
公式Instgram:lovestories_hulu
公式TikTok:lovestories_hulu

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる