コリン・ファースとスタンリー・トゥッチが寄り添う 『スーパーノヴァ』場面写真10点公開

コリン・ファースとスタンリー・トゥッチが寄り添う 『スーパーノヴァ』場面写真10点公開

 7月1日より公開されるコリン・ファースとスタンリー・トゥッチの共演作『スーパーノヴァ』の場面写真が公開された。

 『英国王のスピーチ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したコリン・ファースと、『ラブリーボーン』で同賞助演男優賞にノミネートされたスタンリー・トゥッチがカップル役を演じ、20年という歳月を共にしてきた2人が向き合う人生の最終章を魅せる本作。

 不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるピアニストのサムを演じるのはファース。人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつもブラックジョークで周囲に笑いをもたらす作家タスカー役をトゥッチが演じる。最初にオファーされたトゥッチが、「サムとタスカーの絆が本物でなければこの映画は成功しない」と考え、20年来の友であるファースに自ら(実は独断で)脚本を手渡したことから実現した共演だ。メガホンを取ったのはハリー・マックイーン。俳優としてデビューし、オリジナル脚本として書き上げた本作が、監督第2作目となる。撮影監督は『ターナー、光に愛を求めて』などで2度アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープが務めた。

 ピアニストのサム(コリン・ファース)と作家のタスカー(スタンリー・トゥッチ)は、ユーモアと文化をこよなく愛する20年来のパートナー。ところが、タスカーが抱えた病が、かけがえのないふたりの思い出と、添い遂げるはずの未来を消し去ろうとしていた。大切な愛のために、それぞれが決めた覚悟とは。

 このたび公開されたのは、長年パートナーとして連れ添ったサムとタスカーが2人で過ごす最後の時間を切り取った場面写真の数々。多くの友人に囲まれる姿や、ダイナーで談笑するようなカップルカットもあれば、切なげに抱き合う様子やそれぞれが複雑な表情を浮かべる姿も切り取られ、人生の大きな岐路に立つ2人の物語が示唆されている。また、望遠鏡を覗き天体観測をする、タイトルに通じるワンシーンも披露された。

20210510_supernova_sub01
20210510_supernova_sub02
20210510_supernova_sub03
20210510_supernova_sub04
20210510_supernova_sub05
20210510_supernova_sub06
20210510_supernova_sub07
20210510_supernova_sub08
20210510_supernova_sub09
previous arrow
next arrow
20210510_supernova_sub01
20210510_supernova_sub02
20210510_supernova_sub03
20210510_supernova_sub04
20210510_supernova_sub05
20210510_supernova_sub06
20210510_supernova_sub07
20210510_supernova_sub08
20210510_supernova_sub09
previous arrow
next arrow

■公開情報
『スーパーノヴァ』
7月1日(木) TOHOシネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
出演:コリン・ファース、スタンリー・トゥッチ
監督・脚本:ハリー・マックイーン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
配給:ギャガ
原題:Supernova/2020年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/95分/G/字幕翻訳:西村美須寿
(c) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる