コリン・ファースとスタンリー・トゥッチがカップルに 『スーパーノヴァ』7月1日公開決定

 コリン・ファースとスタンリー・トゥッチが共演した映画『Supernova(原題)』が、『スーパーノヴァ』の邦題で7月1日より公開されることが決定し、あわせて予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、 『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したファースと、『ラブリー ボーン』で同賞にノミネートされたトゥッチがカップル役を演じ、20年という歳月を共にしてきた2人が向き合う人生の最終章を魅せる人間ドラマ。

 家族・友人に恵まれ、ユーモアや文化を愛し、最高の人生を紡いできたピアニストのサムと作家のタスカー。ところが時に運命は、彼らが紡いできた大切な物語を、思わぬ展開へと書き換えてしまう。予定より早く訪れた最終章。だが、それぞれが密かに思い描いていた結末は、全く異なるものだった。

 不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるサムを演じるのはファース。人を惹きつける才能と魅力に溢れ、いつも周囲に光と笑いをもたらすタスカーをトゥッチが演じた。最初にオファーされたトゥッチが、「サムとタスカーの絆が本物でなければ成功しない」と考え、20年来の友であるファースに自ら(独断で)脚本を手渡し共演が実現した。

 メガホンを取ったのはハリー・マックイーン。俳優としてデビューし、オリジナル脚本として書き上げた本作が、監督第2作目となる。撮影監督は『ターナー 光に愛を求めて』などで2度アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープが務めた。

 公開されたポスターでは、切なげに額を寄せ合うサムとタスカ―の姿が描かれ、遠くの空では、タイトルにちなんで星の爆発(スーパーノヴァ)を思わせる光が瞬き、「世界で一番美しい、愛が終わる。」とコピーが添えられている。

映画『スーパーノヴァ』本予告編

 予告編は、タスカ―がサムに「星は最期に大爆発してまぶしく輝く。それを“超新星(スーパーノヴァ)”というんだ」と、 タイトルである“スーパーノヴァ”について語るシーンから始まる。愛犬と共にキャンピングカーに乗り込み、湖水地方を旅する2人。友人や家族に囲まれ、些細なやり取りや出来事にさえ幸せを感じる穏やかで充実した日々を描くが、タスカ―のある一言が引き金となり、続くはずだった2人の未来の終わりが近いこと、さらに心に秘めていたそれぞれの結末が全く異なっていたことに気付いていく。

■公開情報
『スーパーノヴァ』
7月1日(木) TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショー
出演:コリン・ファース、スタンリー・トゥッチ
監督・脚本:ハリー・マックイーン
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ
配給:ギャガ
原題:Supernova/2020年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/95分/G/字幕翻訳:西村美須寿
(c) 2020 British Broadcasting Corporation, The British Film Institute, Supernova Film Ltd.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる