マシュー・マコノヒーが撃たれて始まるOP 『ジェントルメン』ポスター&冒頭映像公開

 5月7日公開のガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』より、第2弾ポスタービジュアルと冒頭映像が公開された。

 本作は、リッチー監督がデビュー作『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』と『スナッチ』以来、地元ロンドンのクライム・ワールドを描くクライム・サスペンス。

 女王陛下の国イギリス、紳士の街ロンドン。そのロンドン暗黒街で緊急事態が発生。一代で大麻王国を築き上げたマリファナ・キングのミッキーが、総額500億円といわれる大麻ビジネス全てを売却して引退するというウワサに街は激震。ウワサを聞いて目の色変えたのが、強欲なユダヤ人大富豪、ゴシップ紙の編集長、ゲスな私立探偵、チャイニーズ・マフィアにロシアン・マフィア、そして下町のチーマーたち。紳士の顔したワルたちが、500億円の利権をめぐり、ウラのウラの、そのまたウラをかく、ダーティでスリリングな駆け引きが始まる。

 ミッキー役を『インターステラー』のマシュー・マコノヒーが演じるほか、『キング・アーサー』のチャーリー・ハナム、『クレイジー・リッチ!』のヘンリー・ゴールディング、『ダウントン・アビー』のミシェル・ドッカリー、『ダンボ』のコリン・ファレル、そして『コードネーム U.N.C.L.E.』のヒュー・グラントが共演する。

 このたび公開された第2弾ポスタービジュアルは、「一流のたち」と大胆に配置され
たコピーが物語るように、500億円のビッグビジネスを牛耳るマリファナ王に扮したマコノヒーをはじめ、その利権に群がるワルたちが大集結。メガネとスーツ姿でいかにもデキるビジネスマン風のハナムや、革ジャンに落ち着きのない赤茶色のメガネレンズがあやしいグラント、さらに、チェックのトラックスーツにハットを着こなす、クセモノ感漂う風貌のファレルの姿も。他にも、ゴールディング、ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサンの謀略と知略に満ちた表情が切り取られているだけでなく、イギリスのおしゃれでトラディショナルなテーラリングなど、リッチー監督の衣装へのこだわりも垣間見える。

映画『ジェントルメン』冒頭映像

 あわせて公開された冒頭映像は、ロンドンのパブでミッキー(マシュー・マコノヒー)
がビールとピクルドエッグを注文し、ジュークボックスにコインを落としてオープニングテーマが流れるシーンからスタートする。「ジャングルの王はうわべの振舞いだけでなく、本当の王にならねばならない」とマリファナ王たる威厳を見せたあと、「疑いがあってはダメだ。疑いは混乱を生み、破滅を招く」と意味深なセリフを放つミッキー。デートの約束のため、妻のロザリンド(ミシェル・ドッカリー)に電話をすると何やら様子がおかしいことに気付くと、その直後、銃声が鳴り響くとともにビールグラスが赤く染まる……。

 冒頭から急展開を見せつつ、ジュークボックスから流れる音楽はそのままにオープニングムービーへとシーンが移り変わり、マリファナビジネスの利権争いを臭わせるかのように、クセモノ揃いのキャラクターたちが煙のように消えては、また次々と現れていく。ショッキングな展開と、クールな映像と音楽がキマりすぎな冒頭映像となっている。

■公開情報
『ジェントルメン』
5月7日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサン、コリン・ファレル、ヒュー・グラント
監督・脚本・製作:ガイ・リッチー
撮影監督:アラン・スチュワート
美術デザイン:ジェンマ・ジャクソン
衣装デザイン:マイケル・ウィルキンソン
編集:ジェームズ・ハーバート、ポール・マクリス
音楽:クリストファー・ベンステッド
配給:キノフィルムズ
提供:木下グループ
2020年/英・米合作/カラー/スコープサイズ/DCP/5.1ch/113分/字幕翻訳:松崎広幸/原題:The Gentlemen/PG12
(c)2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.gentlemen-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/GentlemenJP
公式Facebook:https://www.facebook.com/GentlemenJP

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる