『半妖の夜叉姫』弐の章の制作が決定 高橋留美子「さらに見所満載かと思います」

 3月20日に最終回の放送を終えたTVアニメ『半妖の夜叉姫』(読売テレビ・日本テレビ系)の弐の章の制作が決定し、あわせてティザービジュアルが公開された。

 本作は、『犬夜叉』の登場人物である殺生丸の双子の娘・とわとせつな、犬夜叉とかごめの娘・もろはをメインキャラクターとした新しい物語。 シリーズ構成を隅沢克之が務め、メインキャラクターデザインに高橋留美子が参加し、アニメーションキャラクターデザインを菱沼義仁、音楽を和田薫が担当するなど、アニメ『犬夜叉』シリーズを手掛けたスタッフが再結集し、新たな戦国御伽草子を生み出した。

 公開されたティザービジュアルでは、刀を構えるとわの姿とともに、「殺生丸の、娘であるということ」とコピーが添えられている。

 また、メインキャラクターデザインを務める原作者の高橋留美子からコメントも寄せられた。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

高橋留美子コメント

高橋留美子

毎週楽しみに観ていました。
とても大変なところで一期が終わってしまいましたが、 色々な謎の解明、親世代の行方等々 弐の章はさらに見所満載かと思います。
せつな、どうなる!?

■放送情報
TVアニメ『半妖の夜叉姫』
監督:佐藤照雄
シリーズ構成:隅沢克之
メインキャラクターデザイン:高橋留美子
アニメーションキャラクターデザイン:菱沼義仁
音楽:和田薫
アニメーション制作:サンライズ
製作:サンライズ、小学館、読売テレビ
(c)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
公式サイト:http://hanyo-yashahime.com/
公式Twitter:@hanyo_yashahime

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる