加藤清史郎、『ドラゴン桜』続編で“東大専科”の生徒役に 「精一杯、役を生きていきたい」

加藤清史郎、『ドラゴン桜』続編で“東大専科”の生徒役に 「精一杯、役を生きていきたい」

 加藤清史郎が、4月期のTBS日曜劇場枠で放送される『ドラゴン桜』の新シリーズに出演することが発表された。

 本作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした『ドラゴン桜』の続編となる新シリーズで、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年〜2007年連載/講談社)の10年後のストーリーとなる。

 主人公となる元暴走族の弁護士・桜木建二を演じるのは、前作から引き続き阿部寛。桜木がかつて受け持った「東大クラス」の教え子・水野直美役で長澤まさみ、桜木と水野が今作で再建に挑むことになる学園の教頭・高原浩之役に及川光博、桜木法律事務所のNo.2で桜木が最も信頼している弁護士・岸本香役で早霧せいな、学園の理事長・龍野久美子役で江口のりこ、桜木の元教え子役で佐野勇斗、“東大専科”の生徒役で南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士の出演が決定している。

 前作で龍山高校を退職してからは、その功績を買われ弁護士として私立大学の経営指導をするべく各地を転々としていた桜木。偏差値30の学校ながら東大合格者を出した龍山高校だが、桜木が去った後は下降の一途を辿っていた。その窮地を救うべく、再び龍山高校からのオファーを受ける――というところから物語は始まる。

 “東大専科”の5人目の生徒役として発表された加藤が演じるのは、優秀な弟と常に比較され続けてきたため、劣等感がしみついている生徒・天野晃一郎。家族を見返したい気持ちはあるが勇気が出ない天野の背中を、桜木がどのように押すのか。

 幼少期から芸能界に身を置き、2009年にCMで演じた「こども店長」で国民的子役となっ た加藤。その後もドラマや映画、舞台などで活躍し、ロンドン留学を経てさらにステップアップし、本作への出演を果たす。

 また、“東大専科”の生徒を演じる残る2人のキャストは、ドラマ公式Twitterで随時発表される予定だ。

加藤清史郎(天野晃一郎役)コメント

オーディションに合格したと聞いた時は、信じられなくて、しばらく固まってしまいました。天野晃一郎が桜木先生と必死に対峙していく姿はもちろんですが、僕は彼の弱い部分に共感を覚える学生の方も多いのではないかと思います。他にもさまざまな事情を抱えたキャラクターが登場するので、その中の一人として、精一杯、役を生きていきたいです。

■番組情報
日曜劇場『ドラゴン桜』
TBS系にて、4月スタート 毎週日曜21:00~放送
出演:阿部寛、長澤まさみ、南沙良、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太、佐野勇斗、早霧せいな、江口のりこ、及川光博ほか
原作:三田紀房『ドラゴン桜2』(講談社刊)
プロデュース:飯田和孝、黎景怡
脚本:オークラ、李正美ほか
演出:福澤克雄ほか
製作著作:TBS
(c)TBS

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる