ケベック州の森で暮らす“世捨て人”の共同生活を描く 『やすらぎの森』日本版予告公開

ケベック州の森で暮らす“世捨て人”の共同生活を描く 『やすらぎの森』日本版予告公開

 5月下旬よりシネスイッチ銀座ほかにて全国順次公開される『やすらぎの森』の日本版予告編が公開された。

 本作は、カナダ・スクリーン・アワードで5部門にノミネート、助演男優賞も受賞した人間ドラマ。80代の男女を主人公に迎え、人生の晩年をいかに生きるかというテーマを、新たな出会いと湖畔での穏やかな共同生活とともに描く。

 カナダ・ケベック州の人里離れた深い森。湖のほとりにたたずむ小屋で、年老いた世捨て人たちが密かに暮らしていた。ある日、彼らのもとに思いがけない来訪者が現れる。その80歳の女性ジェルトルードは、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を強いられていたのだった。ジェルトルードは、マリー・デネージュという新たな名前で新たな人生を踏み出すが……。

 ジェルトルード/マリー・デネージュを演じたのは、惜しくも2019年11月に他界し、本作が遺作となったアンドレ・ラシャペル。世捨て人の1人であるチャーリーを、本作でカナダ・アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたジルベール・スィコットが演じ、親友のトムを、ドゥニ・アルカン監督作品『みなさん、さようなら』の主演俳優でもあるレミー・ジラールが演じた。監督を務めたのは、本作が3本目の長編劇映画となったケベック出身のルイーズ・アルシャンボー。本作の舞台でもあるケベック州アビティビ在住の作家ジョスリーヌ・ソシエの、フランコフォニー五大陸賞を受賞した原作小説を映画化した。

映画『やすらぎの森』予告編

 公開された予告編は、ケベックの森の中で誰とも交わらず暮らす世捨て人のチャーリーとトムが愛犬たちと生活をともにし、薪割りやギターで弾き語りをするなど、自由気ままな日常からスタート。突然現れたジェルトードとの新たな共同生活のシーンとともに山火事が近づいてくる様子が描かれている。

■公開情報
『やすらぎの森』
5月下旬、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開
監督・脚本:ルイーズ・アルシャンボー
原作:『Il Pleuvait des Oiseaux(原題)』ジョスリーヌ・ソシエ著
出演:アンドレ・ラシャペル、ジルベール・スィコット、レミー・ジラール
配給:エスパース・サロウ
2019/カナダ/フランス語/スコープサイズ/カラー/5.1ch/126 分/英題:And the Birds Rained Down/原題:Il Pleuvait des Oiseaux
(c)2019-les films insiders inc.-une filiale des films OUTSIDERS inc.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる