『天国と地獄 』東朔也の犯行動機を徹底考察 入れ替わりは再現可能?

『天国と地獄 』東朔也の犯行動機を徹底考察 入れ替わりは再現可能?

「違う、騙されるな。これは芝居だ。日高陽斗は絶対にサイコパスじゃない。何か意図があるはずだ。何か……」

 日曜劇場『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系)。ついに8話を迎えて、次々と謎が解き明かされていく。しかし、ある事実がわかったといっても、では全体像はむしろより複雑になって、わからなくなっていくのが『天国と地獄』の面白さ。そこで、今回新たにわかったこと、そしてよりわからなくなったことを整理していきたい。

東朔也=陸の師匠・湯浅和男

 手のひらにあるホクロ、膵臓がんによる余命わずかな体、そして「東朔也」の名前で登録された派遣会社に残されたデータ……これらの情報から見ても、日高陽斗(高橋一生)の生き別れた双子の兄・東朔也の正体は、陸(柄本佑)が「師匠」と呼んで慕っていた湯浅和男(迫田孝也)に間違いない。

 さらに河原(北村一輝)が突き止めた情報によると、殺された久米幸彦とのつながりは、警備員のアルバイトとして働いていた時期に遡る。真面目に働いていた東だったが、一緒に働いていた幸彦が「喫煙所へ行く際にセキュリティが面倒だ」という理由から、システムを解除してしまう。実直な東は、その行動を咎めるも全く聞く耳を持たない幸彦。

 するとある日、その警備の抜け穴から窃盗事件が起こってしまう。そして警備会社の御曹司である幸彦の経歴を守るために、何の罪もない東に濡れ衣が着せられてしまったのだった。仕事の本質よりも自分の快楽(喫煙)に溺れた幸彦だから、口に無数のタバコが詰め込まれていたということか。

 また、河原は殺人犯“クウシュウゴウ”は、十和田(田口浩正)が初代で、3年前に起きた「横浜法務省官僚殺人事件」は十和田による犯行であること。そして、十和田が自殺した後、現場を清掃した東朔也が漫画『暗闇の清掃人φ』を読んだことで、強く感化されて2代目クウシュウゴウとなり、犯行を模倣したのではないかと推理した。果たして、河原の推理はすべてを言い当てているのだろうか。

日高が偽装工作をしている理由

 一方、久米幸彦の死亡時刻から、日高に犯行は不可能だったことがわかった望月彩子(綾瀬はるか)。形勢逆転と言わんばかりに、日高に「どんな事情があれ、ここを譲ったらいずれすべてがなし崩しがある。死守すべきルールってもんが、人間にはあると思わない?」と詰め寄る。

 しかし、彩子の言う正論は、日高には届かない。そんな「べき」論は、日高の中でも何百回も考えてきた結果、今こうして東の犯行をもみ消そうとしているのだから。ついには、事件の証拠品に手を出してまで、東が自殺したという偽装にまで手を染めてしまう日高。回想として出てきた「15分先に生まれてくりゃ、お前の人生は俺のもんだったんだよ」と東が日高の胸ぐらを掴むシーンは、きっと彼の心に深い傷を残したのだろう。

 歩道橋で乳歯を交換したときの穏やかな会話とは、まるで対象的な思い出だ。「こっから間違えたんだよ、俺」と故郷の歩道橋に立ち、陸にそう伝える東。生まれた順番が違っただけで、父親と母親のどちらかに引き取られたかで、その後が天と地ほどに変わってしまった双子の兄弟。その罪悪感と同情から、せめて兄が余命3カ月の間は刑務所に捕まらずに過ごせるようにと、日高は弟としてできることを必死になっているのかもしれない。

 一時期は、共に奄美大島を訪れようと計画していたという日高と東。居酒屋の店員の証言では、穏やかに酒を酌み交わしていた様子だった。一体どこから、この奇妙な共犯関係へと発展してしまったのだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる