『ボス恋』間宮祥太朗演じる中沢の献身ぶりが切なすぎる 潤之介と奈未の絆は確かなものに

『ボス恋』間宮祥太朗演じる中沢の献身ぶりが切なすぎる 潤之介と奈未の絆は確かなものに

 『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系、以後『ボス恋』)第7話では、主人公の鈴木奈未(上白石萌音)を巡る“子犬系男子”ことカメラマンの潤之介(玉森裕太)と“ワイルドオオカミ系”のドS先輩・中沢(間宮祥太朗)の想いが交錯し、今回はガッツリと“恋愛メイン回”となった。

 潤之介と蓮見理緒(倉科カナ)の関係を不安視している奈未は、編集長の宝来麗子(菜々緒)からのお達しで長野の化粧品会社に向かうことになる。同じく、長野のコテージの取材に来ていた中沢らと合流し日帰りキャンプを楽しむも、帰り際に潤之介からもらったブレスレットの紛失に気づき「失くしたものがあるから」と一人残ると言い出す奈未。もちろん一緒に残ってくれて黙々と探してくれる中沢だが、なかなか見つかる気配がなく諦めモードの奈未に「あいつにもらった大切なものなんだろ?」と全てお見通しの彼の“お察しの良さ”に、観ているこちらの胸が締め付けられる。

 バスに乗り過ごし終電に間に合わないとなり、宿泊先を探すも、1部屋しか空いていないというこれは“あるある”な展開。潤之介に「遠慮しないから」宣言をしていた中沢だったが、客室に取材道具だけ置いて自分は別の宿を探すと言い出す紳士っぷりを発揮する。さすがにそれは忍びないと「布団を離せば大丈夫だし、始発までUNOかトランプでもしましょう」と提案する奈未に対して、中沢より極めつけの一言が放たれる。「もしお前が俺の彼女だったら、俺はお前が他の男と泊まるのは嫌だ」。ここまでわきまえていて、何より奈未のことを大切に想ってくれて正々堂々と勝負に挑む様子に、胸キュンを通り越してその尊さに面食らった視聴者も少なくないだろう。その上、中沢が宿を後にして向かったのはお昼にキャンプをした川辺で、ライト片手に奈未の落とし物を探し続ける様子には本当に泣けた。

 ただ、そんな涙ぐましい中沢の献身ぶりも、潤之介のあまりに純度の高い、何にも汚れていない心に触れてしまうとやはり奈未はどうしたってそちらに駆け出してしまうのである。もはやそこに理由も理屈もないのだ。

 夜通しバイクを走らせ長野までやってきた潤之介が言う。「奈未ちゃんの手はちっちゃいね。俺、奈未ちゃんのこと考えるとドキドキするんだ。奈未ちゃんが笑うと嬉しいし、泣いていると悲しい。そんな風に思えるのは世界中で奈未ちゃんだけなんだ」。こんなにシンプルな、だけれどもこれ以上に伝わる“好き”という表現があるだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる