東野絢香が体現したみつえのわがまま 『おちょやん』第11週が描いた“母親の無償の愛”

東野絢香が体現したみつえのわがまま 『おちょやん』第11週が描いた“母親の無償の愛”

 “母親の無償の愛”という、一言では到底説明しきれない『おちょやん』(NHK総合)第11週。母親との記憶がほとんどない千代(杉咲花)と一平(成田凌)にとって、それを理解することは難しかったが、鶴亀家庭劇の新作公演「マットン婆さん」で思いがけぬヒントを得る。

 それはマットン婆さんを演じる千之助(星田英利)の「ほんまのお母ちゃんの代わりに無理聞いてあげるんが、マットンの生きる喜びです」というアドリブだった。どんなに無理を言われても、わがままな我が子の願いを叶えてあげたい。そんなマットン婆さんの思いは、かつて娘のみつえ(東野絢香)に新しい着物をねだられ、可愛さ故にあつらえてしまったシズ(篠原涼子)の心情と重なる。

 そのことに気づいた千代は、福助(井上拓哉)と駆け落ちしたみつえを追いかけ、何度でも無理を言い続けたらいつかシズは許してくれると説得した。なぜなら、シズはみつえのことが可愛くて仕方がない、子の幸せを願う“お母ちゃん”だから。もし駆け落ちしてしまったら、気持ちがすれ違ったまま、二度と会えなくなってしまうのだ。

 みつえは千代の言葉に心動かされると、そこにやって来たシズに福助との結婚について許しを請う。

「お母ちゃんを困らします。堪忍な、うちわがままな娘やねん」

 地面に膝をついてそう願うみつえの着物は泥だらけだった。どんなに成長して結婚するような年になっても、シズにとっては着物をねだってきた幼い頃からみつえは何も変わっていない。わがままを言って困らせ、心配ばかりかける。でも、マットン婆さんと同じようにそれがシズの生きる喜びなのだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる