ヤヤン・ルヒアン、『スカイライン-逆襲-』を振り返る 日本のファンへのメッセージ映像も

ヤヤン・ルヒアン、『スカイライン-逆襲-』を振り返る 日本のファンへのメッセージ映像も

 2月26日公開の映画『スカイライン-逆襲-』より、ヤヤン・ルヒアンのインタビューと日本のファンに向けた特別メッセージ映像が公開された。

 本作は、謎の生命体によって征服された人類の地球奪還の戦いを最新のVFXで描いたSFアクションシリーズ『スカイライン』の最新作。地球人を“収穫”するため飛来したエイリアンの恐怖をスリリングに描いた『スカイライン-征服-』『スカイライン-奪還-』に続く本作では、前人未踏の宇宙を舞台に、人類VSエイリアンのラストステージが幕を開ける。

 主人公ローズ役を『THE 100/ハンドレッド』でブレイクしたリンゼイ・モーガンが務める。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のジョナサン・ハワード、『ジョン・ウィック』のダニエル・バーンハード、『GOTHAM/ゴッサム』のアレクサンダー・シディグ、『ザ・ラストシップ』のローナ・ミトラ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェームズ・コスモ、さらに『ザ・レイド』シリーズのルヒアンらが、前作に続いて激しいアクションを見せつける。前2作の製作・脚本や監督も手がけたリアム・オドネルがメガホンを取った。

 『ザ・レイド』シリーズ、『スターウォーズ/フォースの覚醒』『極道大戦争』など、世界から注目されるアクション俳優であり、インドネシアの武術プンチャック・シラットの使い手として知られるルヒアン。本作では、前作『スカイライン -奪還-』に続き、華麗なアクションを披露している。

 ルヒアンは本作で、前作のラストでエイリアンと壮絶な肉弾戦を繰り広げた末、両腕と足
をもがれ、命を落としたかと思われていた人類の英雄チーフ(=フアナ)を演じる。本作での奇跡の復活についてルヒアンは、「(前作で)彼が本当に死んでしまったのかはわからなかったと思います。彼が復活するという形でその答えを本作で出せたということはとても嬉しいです。この映画に貢献できたことは私にとって幸せな経験です」と語る。

 また、本作ではルヒアンが出演した 『ジョン・ウィック:パラベラム』のチームがアクションの振り付けを担当。リトアニアでの撮影を振り返り、「寒暖の差が激しいところで、車からジャンプしてエイリアンと戦うシーンでは、特殊なゴム製の足をつけて撮影をしなければならないなど大変な事もありましたが、戦闘シーンとしてとても気に入っています。アクションチームはとにかく素晴らしくて、また一緒に仕事ができて嬉しかったです。コミュニケーションも円滑に取りながら順調に進める事ができました」と撮影を振り返る。

 演じるキャラクターには常にシラットを取り入れているルヒアンだが、彼自身が⻑年シラットの世界で生きてきて、それが体の中に染み付いているということが大前提としてあるという。共演経験のあるセセプ・アリフ・ラーマンやイコ・ウワイスからもそれを感じると言い、「シラットの要素を取り入れて演じる上で意識していることは、アクションや私が演じるキャラクターとしてだけでなく、インドネシアの文化としてシラットを伝えていくという事です。インドネシアの文化を発信するための手段として映画があるという位置付けで、意識的にシラットを取り入れる様にしています」と語った。

 さらに、映画の撮影やプロモーションなどで何度か訪れている日本の印象について、「日本は本当に美しくて印象深い国です。人々も優しいですし、規律を守る文化、時間を大切にする文化、仕事との向き合い方などが大好きです」と熱く語るルヒアン。残念ながら今回は来日が叶わなかったが、「また日本の撮影クルーや映画界の皆さんと仕事ができる事を願っていますし、一刻も早く日本を訪れる事ができる日を心待ちにしています」と最後に日本への熱烈なラブコールを送った。

 3部作完結と位置付けられているが、シリーズが続くことも期待できる内容となっている本作。「次の作品があることを願いたいですね。次回作でもう一度この役を演じられたら光栄です」と早くも次作への抱負を寄せるルヒアンだった。

『スカイライン-逆襲-』ヤヤン・ルヒアン メッセージ

 公開されたメッセージ映像では、ルヒアンが日本語で「楽しんでください」と日本の観客へのメッセージを語る様子が捉えられている。

■公開情報
『スカイライン -逆襲-』
2月26日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開
監督・脚本:リアム・オドネル
製作:マシュー・ショーズ、グレッグ・ストラウス、コリン・ストラウス
出演:リンゼイ・モーガン、ジョナサン・ハワード、ダニエル・バーンハード、アレクサンダー・シディグ、ローナ・ミトラ、ジェームズ・コスモ、ヤヤン・ルヒアン
配給:ハピネット/REGENTS
2020年/イギリス・スペイン・リトアニア/110分/原題:Skylin3s
(c)2020 MPP-Cobalt Limited. All rights reserved.
公式サイト:skylin3s.jp
公式Twitter:@skylin3s_japan

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる