長瀬智也『空飛ぶタイヤ』や浜辺美波『映画 賭ケグルイ』も 邦画200タイトルがdTVで追加配信

 映像配信サービスdTVに2021年1月から約200タイトルの邦画が追加されることが決定した。

 追加される主なラインナップは、テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を長瀬智也主演で新たに映画化した『空飛ぶタイヤ』、劇場版第2弾の製作も決定した予測不可能なゲームバトルが展開される浜辺美波主演『映画 賭ケグルイ』、さらに芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を岩田剛典主演で実写化した『去年の冬、きみと別れ』など。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

 また、dTVの2020年、年間総合視聴ランキングが発表。今年最も多くの人が視聴した作品は、TVアニメ『鬼滅の刃』となった。そのほか、常連の『名探偵コナン』、少年が呪術を使って闘う姿を描いた『呪術廻戦』、2021年1月に最終章のTVアニメが放送予定の『七つの大罪 神々の逆鱗』など、トップ10のうち半分以上にアニメ作品がランクインした。

 第4位は、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなったコメディアンの志村けんさんも出演していた昭和を代表する名作バラエティ番組『8時だョ!全員集合』(TBS系)。Kis-My-Ft2の玉森裕太と宮田俊哉のユニット曲を映像化し、狂おしいほどの純愛を描いたオリジナルドラマ『BE LOVE』が第6位となった。

 ジャンル別の洋画部門では、『怪盗グルーのミニオン大脱走』『SING/シング』といったCGアニメ、邦画部門では青春映画『君の膵臓をたべたい』や、原作でも人気のエピソード‟欲望の沼”をベースに映画オリジナルのゲームを加えて描いた『カイジ2 ~人生奪回ゲーム~』などがランクイン。海外ドラマ部門では、最強美女ヒーロー・スーパーガールの活躍を描くアクションの第1シーズン『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン1や『トランスフォーマー』シリーズを手掛けたマイケル・ベイ監督が製作総指揮を務め、映画スケールで描いたアクションドラマ『ザ・ラストシップ』ファイナル・シーズンなどがランクインしている。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

dTV年間総合視聴ランキング

1.『鬼滅の刃』(アニメ)
2.『コンフィデンスマンJP』(ドラマ)
3.『名探偵コナン』(アニメ)
4.『8時だョ!全員集合』(バラエティ)
5.『呪術廻戦』(アニメ)
6.『BE LOVE』(オリジナル)
7.『キングダム』第3シリーズ(アニメ)
8.『七つの大罪 神々の逆鱗』(アニメ)
9.『僕のヒーローアカデミア 第4期』(アニメ)
10.『怪盗グルーのミニオン大脱走』(洋画)
※『コンフィデンスマンJP』は現在配信終了

洋画作品部門

1.『怪盗グルーのミニオン大脱走』
2.『ワイルド・スピード ICE BREAK』
3.『SING/シング』
4.『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
5.『オキュペーション-侵略ー』

邦画作品部門

1.『君の膵臓をたべたい』
2.『カイジ2 ~人生奪回ゲーム~』
3.『ナラタージュ』
4.『いぬやしき』
5.『亜人』
※『君の膵臓をたべたい』『カイジ2 ~人生奪回ゲーム~』『いぬやしき』『亜人』は現在レンタル配信

海外ドラマ部門

1.『SUPERGIRL/スーパーガール』シーズン1
2.『ザ・ラストシップ』ファイナル・シーズン
3.『アウトブレイク 感染拡大』
4.『シカゴ P.D.』シーズン4
5.『SUITS/スーツ』シーズン8
※『ザ・ラストシップ』ファイナル・シーズンは現在レンタル配信
※『SUITS/スーツ』シーズン8は現在配信終了

■dTVサービス概要
視聴デバイス:テレビ、パソコン、タブレット、スマートフォンで視聴可能
価格:月額550円(税込)
dTV2020年間総合視聴ランキング特集:https://video.dmkt-sp.jp/ft/s0007143
dTV WEBサイト:https://video.dmkt-sp.jp
※別途パケット通信料がかかります。
※デバイスによっては一部ご視聴いただけないコンテンツがあります。
※31日間の初回無料期間が適用されている間は、権利者の都合により、一部ご視聴いただけないコンテンツがあります。
※ドコモの回線契約がないお客さまが本サービスをご利用いただくには、「dアカウント」が必要です。「spモード」契約でのご利用とサービス内容やお支払方法が異なる場合があります。また利用料のお支払いはクレジットカードのみとなります。
※「ドコモテレビターミナル」「dアカウント」「spモード」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる