『危険なビーナス』とは何だったのか? 難易度の高い関係を演じきった吉高由里子の手腕

『危険なビーナス』とは何だったのか? 難易度の高い関係を演じきった吉高由里子の手腕

「聞きたいことが山のようにあるけど、とりあえず一番聞きたいことを尋ねます」

 3カ月にわたって繰り広げられた謎解きもついに決着。『危険なビーナス』(TBS系)最終話では、矢神家の遺産をめぐる謎の全容が明らかになった。(※以下、ネタバレあり)

 康治(栗原英雄)が逝き、明人(染谷将太)が姿を見せない中、長女の波恵(戸田恵子)は親族会議を招集。遺産を康之介(栗田芳宏)の子どもたちで分けることを決議しようとする。

 だが、ここで波恵が衝撃の告白をし、相続のゆくえは伯朗(妻夫木聡)の手に託される。伯朗は、楓(吉高由里子)、勇磨(ディーン・フジオカ)と禎子(斉藤由貴)の実家である「小泉の家」に向かった。あっさりと研究記録は見つかったが、違和感を覚えた伯朗は小泉の家に引き返す。そこにいたのは意外な人物だった。フラクタル図形と後天性サヴァン症候群、実父・手島一清(R-指定)が残した「寛恕の網」の絵と禎子の死の謎。全てがつながって真犯人が語る動機は、人智を超えた神のみぞ知る領域だった。

 姿を現したのは犯人だけではなかった。楓の正体を知った伯朗の心境は、察するにあまりある。タイトルの「危険なビーナス」が楓を指すことは確定でいいだろう。楓に魅かれ、弟の妻という言葉を信じて献身的に尽くしてきた伯朗にとって、嫌われたり、単純に裏切られるよりも、この結末はダメージが大きい。楓の存在そのものが嘘で、その楓を信頼するという危険すぎる罠に伯朗ははまってしまったのだ。伯朗の虚ろな表情は、信じていたものが根底から覆された人間のそれだった。

 ここで「どこからが嘘でどこからが本当か?」と問うことはあまり意味がない。楓は「自分は妻なんだと思い込んで」いたのであり、明人の妻になりきっていた。そんな楓を信用してしまった伯朗も仕方がなかったと言えば言えるし、全てが嘘だったかと言うと、義理の兄妹として過ごす中で刻まれた記憶や感情は、それはそれでリアルな“真実”だったからだ。

 楓を演じた吉高由里子。全てを知っていて知らないふりをする。嘘をついていることが無意識に行動に出てしまうのを、さりげなく、嘘をついているとは思わせないように、自分でも気づかないふりをして演じる。それらをストーリーの進行に合わせて出し入れする。天真爛漫なオーラを発散しながら、難易度の高い演技をやり通したのは見事と言うほかない。妻夫木聡の「受け」の演技も際立っていた。優柔不断で楓に振り回される、どっちつかずな悩ましい心理をありありと描いてみせた。『危険なビーナス』が最後まで緊張感を持続できたのは、メインを張った2人に負うところが大きい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる