橋本愛、柴咲コウから花束受け取り『35歳の少女』撮了 「全然楽しくない役でした(笑)」

橋本愛、柴咲コウから花束受け取り『35歳の少女』撮了 「全然楽しくない役でした(笑)」

 毎週土曜22時より日本テレビ系で放送中の柴咲コウ主演ドラマ『35歳の少女』に出演している橋本愛がクランクアップを迎えた。

 柴咲が主演、遊川和彦が脚本を務める本作は、柴咲にとって同じく遊川が脚本を担当した『〇〇妻』(日本テレビ系)以来、5年ぶりの民放連続ドラマ主演作。柴咲演じる望美の初恋の相手・広瀬結人役を坂口健太郎、望美の妹・時岡愛美役を橋本が務め、望美の母・時岡多恵を鈴木保奈美、望美の父・今村進次を田中哲司、望美の父であり進次の再婚相手・今村加奈を富田靖子、その引きこもりの連れ子・今村達也を竜星涼がそれぞれ演じている。

 橋本は、柴咲から花束を渡されクランクアップを迎え、スタッフは惜しみない拍手を送った。橋本からはコメントが寄せられている。

橋本愛

3か月間、お疲れ様でした。
このドラマを見続けてくれた視聴者の方には、すごく大きなギフトが届けられる作品になったのではないかなと思います。
愛美は、演じていて、全然楽しくない役でした(笑)。
愛美はずっと心がささくれ立っていて、どうにかなってしまいそうでした。
でも9話以降、ようやく穏やかな気持ちで演じることができ、愛美も私自身も救われたような気持ちになりました。
そして何より、柴咲さんのお芝居に向かう姿を見ていると、安心して演じ続けることができ、とても心強くて助かりました。
スタッフの皆様もこのような状況の中、体調を崩すことなく撮影が進み、安心しています。
最後の撮影まで頑張ってください。ありがとうございました。

■放送情報
『35歳の少女』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00~22:54放送
出演:柴咲コウ、坂口健太郎、橋本愛、田中哲司、富田靖子、竜星涼、鈴木保奈美、細田善彦、大友花恋
脚本:遊川和彦
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:大平太、諸田景子
演出:猪股隆一ほか
制作協力:AX-ON
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/shojo35/
公式Twitter:@shojo35 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる