『この恋あたためますか』四角関係の矢印逆転? 浅羽の手に戻ったスノードームが意味するもの

『この恋あたためますか』四角関係の矢印逆転? 浅羽の手に戻ったスノードームが意味するもの

 返されたスノードーム。それは食べてもらえなかったスイーツと同じく、交わすことができなかった想いの化身だ。

 『この恋あたためますか』(TBS系)第7話。樹木(森七菜)は、浅羽(中村倫也)への想いを断ち切るために、スノードームをボックスの中に隠す。樹木の告白が聞こえていたという浅羽から「君の気持ちには応えられない」とハッキリ告げられたからだ。浅羽の思いを聞いて、ますます気持ちの整理をつけなければと思うのだが、隠すだけではやっぱり忘れられない。そこで、本人に返すことを決意する。

 プレゼントされたものを返すのは失礼なことだとはわかっていた。だが、どうしても自分の手で捨てることなどできなかった。かといって、持っているうちは気持ちを消すことができない。だから、この恋心と共にスノードームを浅羽の手にねじ込んだのだ。

 「いらなければ捨てればいい」と言いながら、受け取ったスノードームを車の中で一番目のつくところに置く浅羽。樹木が返すシーンを見ていなかったとしても、里保(石橋静河)にはわかってしまう。浅羽が自分の趣味でスノードームなど買わない。これは、かわいいキーホルダーを選んだ樹木の存在が絡んでいることを。そして、そこに確かな気持ちがあるということを……。

 浅羽にとってそのスノードームは、もう旅先のお土産店で売っていたただのスノードームではないのだ。“樹木にあげたスノードーム”だから、言葉とは裏腹に無下に扱うことなんてできなかった。それは、浅羽が土壇場になって「ココエブリィ」を売却できなかったのと同じ理由。ただの会社ではなく、そこに樹木がいる場所だから、売り飛ばすことなどできなかったのだ。

 人はいつも手に入れたいものばかりに目がいくが、なくしたくないものにこそ真意があったりする。浅羽にとって、ずっとすぐそばにあって当然だと思っていた樹木の好意。それは、まるでコンビニスイーツのような安心感。「特別じゃない」なんて言って手放しても、変わらずそこにあるものだと、どこかで高をくくっていたのかもしれない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる