太ったドニー・ イェンが東京タワーで超絶アクション 『燃えよデブゴン』ポスター&予告編

 2021年1月1日に公開されるドニー・ イェン主演映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』の予告編とポスターが公開された。

 本作は、『イップ・マン』シリーズのドニー・イェンと、『るろうに剣心』 シリーズでアクション監督を務めている谷垣健治がタッグを組んだアクション映画。

 超熱血刑事のファーロンは、 ある事件をきっかけに現場からデスクワークの部署へ異動することに。さらに、事件を追うあまり結婚式をすっぽかし、婚約者にも見放されてしまう。外回りがなくなったことと暴飲暴食がたたり、半年後、ファーロンは、ポッチャリ刑事“デブゴン”になっていた。しかし、 その外見と裏腹に並外れた身体能力と正義に燃える心は消えておらず、容疑者を護送するため日本に降り立ち、新宿歌舞伎町、築地市場、東京タワーなどを舞台に、巨大な陰謀に立ち向かう。

 主演を務めるのは、『イップ・マン』シリーズで主役のイップ・マンを演じ、『ブレイド2』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などハリウッドにまで活躍の場を広げているドニー・イェン。そして、『るろうに剣心』シリーズでアクション監督を務め、 ドニー・イェンを師と仰ぎ、数々のスタントコーディネートを共に務めてきた谷垣が監督を務める。

 公開されたポスタービジュアルでは、主人公フクロンが戦闘モードで構え、その背後には決戦の地でもある東京タワーが爆炎の中そびえ立っている。両脇には「太っても、最強。」の文字が並び、元日公開を意識した金色をモチーフにしたビジュアルとなっている。

映画『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』予告編

 あわせて公開された予告編は、ドニー・イェン演じる主人公フクロンのハイスピードなアクションシーンから幕をあける。しかし、フクロンは事件を追うあまり左遷されたうえ、婚約者にまでふられて暴飲暴食。気づいたら体重120キロのお“デブゴン”に変わり果ててしまっていた。そんなデブゴンに与えられたMISSIONは、ある事件の重要参考人を日本に送り届けること。何も知らないデブゴンを日本で待ち受けるのは、竹中直人演じる遠藤警部や、丞威演じるヤクザのトップ島倉。次第に麻薬抗争が関わる巨大な陰謀に巻き込まれ、歌舞伎町や築地でヤクザを相手に超絶アクションで立ち向かう。

■公開情報
『燃えよデブゴン/TOKYO MISSION』
2021年1月1日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
出演:ドニー・イェン、竹中直人、丞威、渡辺哲、バービー(フォーリンラブ)
監督:谷垣健治
配給:ツイン
(c)2020 MEGA-VISION PROJECT WORKSHOP LIMITED.ALL RIGHTS RESERVED.
公式Twitter:@debugon_tokyo

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる