動画配信サービスQuibi失敗のワケ スマホ動画に必要なのは品質ではなく“良さげな雰囲気”?

 今年春、アメリカで登場した新しい動画配信サービスQuibiが早々に市場から退場することになった。そもそもQuibiに注目している日本語のメディアも少ないので、Quibiの存在を知らない方も多いだろう。以前もリアルサウンドで取り上げた通り(参照:酷評相次ぐQuibi、動画配信サービス業界のゲームチェンジャーとなるか? 実際に作品を観てみた)、錚々たるハリウッドスターを起用し、これまでにないスマートフォンベースの全く新しいサービスとして生まれたが、ローンチ直後は酷評に次ぐ酷評。新しいブロックバスターになるのか注目を集めたにも関わらず、想像以上早い段階でのサービス打ち切りとなった。パンデミックが続く中、日本では『鬼滅の刃』が過去にない興行収入を叩き出し、シネコン中心に映画館復活をアピールできているが、アメリカはまだまだ劇場再開のめどが立たないことも多い。そうなるとやはりNetflixやAmazon Prime Videoといった動画配信サービスに注目が集まるが、今回は動画配信サービス=成功するとは言えない事例が生まれた結果となった。

創業者が述べたQuibiの2つの大きな敗因の真偽

 Quibiがサービスを停止する一報が流れた時、悲しむよりも当然とする見方が多かったくらいQuibiは浸透しないまま終えた。利用者は一定数いたが、無料期間で利用を終えるユーザーが続出したのが原因だ。動画配信サービスにネガティブだった、スティーヴン・スピルバーグがようやく参画した動画サービスが早々にサービス終了になることも何とも皮肉。サービス停止発表の約1カ月前、今年のエミー賞の司会ジミー・キンメルも、エミー賞のオープニングスピーチでQuibiが10部門でノミネートをしたことを称えつつも、何十億もかけて作ったひどいサービスと言ってのけたこともあった。

immy Kimmel’s 2020 Emmys Mono-logue

 エミー賞にもノミネートはされたが、Quibiはサービスとして何がダメだったのか。創業者はサービス停止にあたっての書簡で「単独の動画ストリーミングサービスのアイデアとして充分でなかったこと、そしてローンチのタイミングの問題であった2点が要因である。結局、明確な答えは出せないが、この2点が絡み合ったことが要因と考える」と述べている(参照:Short-form video app Quibi is shutting down after just six months|CNN)。では果たして、パンデミックがなければ成功したのか、そしてそもそもアイデアとして何が弱かったのか。それはまさに書簡の通り誰にもわからないが、少なくとも大成功とまではいかないほど、視聴者のスマートフォンの中にはQuibiの強力なライバルが乱立していると思われる。

素人が配信した動画に億をかけたコンテンツが負ける時代

 「アイデアとして充分でなかった」点を深掘りするのであれば、どう考えてもSNSの存在感が想像以上に強かったことだろう。Quibiはスマートフォン中心のサービスで、長くても10分間のドラマやリアリティ番組が売りだった。しかもそのドラマやリアリティ番組は、ハリウッドスターが手がけている。NetflixやAmazon Prime Video、HBOなどが提供する路線と同じ高品質の動画。この最大の売りが、無名の素人が作った10分の動画に負けたともいえる。

 「10分程度の動画」を観ることができるスマートフォンアプリで思い浮かぶのはTikTok、YouTube、Instagram、Twitterなど。どれか一つは必ずスマートフォンに入っている人が大半だろう。しかもどれか一つのSNSサービスでバズれば、他のSNSにも波及する。特に今年はTikTokの勢いが凄かった。パンデミック以降バズったもので言えば、The Weekndの「Blinding Lights」をBGMにつかったダンス動画(参照:https://youtu.be/I2qAfjn4Q7k)、トランプ大統領の口パクものまねでNetflixオリジナルコンテンツにも抜擢されたサラ・クーパー(参照:https://youtu.be/W9R_U3pgxMI)、直近では男性がただスケボーに乗りながらドリンク飲んでる動画に、Fleetwood MacのDreamsをBGMで流しただけで約5000万再生だ(参照:Stevie Nicks wins the ‘Dreams’ Tik Tok challenge|CNN)。これをきっかけに40年ぶりにFleetwood Macがビルボードチャートに返り咲いている。しかもこれらはほんの一部。まだまだ他にもある。SNSは見ようと思ってアプリを開くものではなく、何となく習慣的に開いてしまうところに強みがあるが、Quibiはユーザーの習慣まで変えることはできなかった。シンプルに億の予算をかけた高品質の短い動画より、SNSで流行っているなんだか楽しい短い動画を人々は選んだのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる