海宝直人、オペラ歌手役で『エール』に出演 「音さんとの歌唱にもぜひご注目ください」

海宝直人、オペラ歌手役で『エール』に出演 「音さんとの歌唱にもぜひご注目ください」

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。11月4日の第103話で登場する海宝直人よりコメントが寄せられた。

 本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・音(二階堂ふみ)の物語。

 海宝が演じるのは、オペラ歌手・伊藤幸造。音が合格したオーディション「ラ・ボエーム」のロドルフォ役を務める。東都音楽学校首席、全日本声楽コンクール1位、全日芸術賞最年少受賞など華麗な経歴を持つキャラクターだ。

 海宝は今回が連続テレビ小説初出演。オファーを受けた際の心境として、「長年愛されている連続テレビ小説に出演させていただけること、俳優としてとても光栄に思います」とコメント。今回演じる伊藤幸造については、「オペラや歌への情熱に溢れた人物です。お客様に届ける作品のためには決して妥協しない、何とかして作品を少しでも良くしようとする伊藤のプロとしての想いを感じていただけたら嬉しいです」と注目ポイントを明かした。

海宝直人(伊藤幸造役)コメント

長年愛されている連続テレビ小説に出演させていただけること、俳優としてとても光栄に思います。
今回オペラ歌手という役柄で、オペラの稽古場での歌唱シーンもあるのですが、そのために事前にしっかりと稽古やリハーサルをしていただいていて、『エール』の現場の皆さんの作品を作り上げるこだわりと音楽への愛情を感じ、撮影を通して色々なことを勉強させていただきました。
演じさせていただいた伊藤は、オペラや歌への情熱に溢れた人物です。お客様に届ける作品のためには決して妥協しない、何とかして作品を少しでも良くしようとする伊藤のプロとしての想いを感じていただけたら嬉しいです。音さんとの歌唱にもぜひご注目ください。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日(月)より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、佐久本宝、菊池桃子、森山直太朗、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる