ともさかりえ&大谷亮平、新キャラクターとして『監察医 朝顔』出演 第2話以降から登場

ともさかりえ&大谷亮平、新キャラクターとして『監察医 朝顔』出演 第2話以降から登場

 ともさかりえと大谷亮平が、11月2日より放送がスタートするフジテレビ月9ドラマ『監察医 朝顔』に出演することが決定した。

 『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載されていた法医学者と刑事という異色の父娘を描いた同名医療漫画をドラマ化し、2019年夏クールに放送された『監察医 朝顔』。主人公で法医学者の万木朝顔(上野樹里)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)が、さまざまな事件と遺体に向かい合い、かたや解剖、かたや捜査で遺体の謎を解き明かし、遺体から見つけ出された“生きた証”が、生きている人たちの心まで救っていくさまを描いた。

 続編では、2019年夏クール放送の第1シーズンと同様に各話で、主人公で法医学者の万木朝顔と、父でベテラン刑事の万木平たちが、さまざまな事件と遺体に相対していく。そして、前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合っていく姿が描かれる。法医学教室メンバー、野毛山署の強行犯係メンバーを演じるキャストたちも続投する。

 ともさかと大谷は、第2シーズンの第2話以降から登場。ともさかが演じるのは、信用金庫に務める忍という女性。思いやりがあり、真面目で礼儀正しい人となりである一方、曲がったことが大嫌いな忍は、物心ついた頃から抱いていた“ある夢”があり、その夢をかなえるために、長年勤めた信用金庫を退職することを決意。そして、ずっと夢見ていた仕事に就くため、忍は一直線に進んでいく、物語が進むにつれて、さらに仰天の“忍と朝顔のつながり”も明らかになっていく。

 大谷が演じるのは、若林という名の謎の男性。容姿端麗で、小粋な所作から若林が非常にスマートな男性であることは一目瞭然。しかし、その素性は一切不明。興雲大学法医学教室の主任教授である夏目茶子(山口智子)と関わり合いがあるようで、若林と茶子は、人目を忍んでは2人だけで会い、2人にしか分からないような話をしている。

 プロデューサーの金城綾香は「ともさかりえさんの凛とした佇まいと、優しい笑顔に柔らかい声が、忍にピッタリだなと思いまして、今回オファーさせていただきました! 何カ月も秘密にしていましたので、今日発表できてとても嬉しいです! 大谷亮平さんは、ご本人のスマートないでたちに加えて、上品な雰囲気が、この若林というキャラクターをよりミステリアスにしてくださいました。役の詳細が言えないのが悔しいです! オンエアでお楽しみください!」とコメントしている。

■放送情報
『監察医 朝顔』
フジテレビ系にて、11月2日(月)スタート 毎週月曜21:00〜放送
(2020年秋・2021年冬2クール連続)
出演:上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、加藤柚凪、戸次重幸、平岩紙、三宅弘城、杉本哲太、板尾創路、山口智子、柄本明、大竹しのぶほか
第1話ゲスト:片桐はいり、松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)
原作:『監察医 朝顔』(実業之日本社)
脚本:根本ノンジ
プロデュース:金城綾香
演出:平野眞、阿部雅和
制作:フジテレビ
(c)フジテレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる