小関裕太、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』ゲスト出演を振り返る 「新しい世界観に入り込んでほしい」

小関裕太、『閻魔堂沙羅の推理奇譚』ゲスト出演を振り返る 「新しい世界観に入り込んでほしい」

 10月31日に放送が開始される中条あやみ主演ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(NHK総合)。第1話ゲストの小関裕太よりコメントが寄せられた。

 本作は、ミステリー作家・木元哉多の人気シリーズを実写化したミステリードラマ。閻魔堂の主・沙羅が、生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを推理させるゲームを仕掛けていく。主人公・沙羅を中条が演じる。

 第1話ゲストの小関は、食品会社に勤める浜本尚太を演じる。人はいいが要領が悪く、仕事ではミスばかりで、同期で出世頭の千原や後輩の岩田にいつもフォローされている。ひそかに会社のマドンナ・天野に恋心を抱いているが、告白する勇気もない。沙羅からは“ヘタレ”扱いされることに。浜本は、冷凍室で棚が荷崩れして頭を打って気絶。誰にも発見されずに凍死してしまう。

 小関は“よるドラ”への出演を待望していたようで、「『だから私は推しました』を見たのがきっかけで、『よるドラ』枠のファンになったので“あ!ようやく関われるのか”という気持ちになりました。『よるドラ』の作品は、どれも違う特色があると思うんですけれど、共通しているのは、ドラマの題材や描き方が“攻めている”点だと思います。僕自身、日頃から“攻めている作品に携われる役者でありたい”と思っているので、気合が入りました」と願ってもないオファーだったことを明かす。

 今回演じる役柄の注目ポイントとしては、「本人は必死なのになかなか成果が出なくて悩んでいて、でもその悩んでいることに本人が慣れてきてしまって“すみません”とか“ごめんなさい”が口癖になっている。そんな彼が閻魔堂で沙羅と向き合って、そして自分の死とも向き合って、少しずつ成長していくのが第1回の見どころです!」とキャラクターを解説。

 主演の中条とは映画『覆面系ノイズ』以来の共演。「前回の共演よりも主演らしさが増したような気がしました。今回の作品はセリフがすごく長いのですが、中条さんがすごく落ち着いたたたずまいで現場にいてくれて、なおかつ、しっかりとお互いのコミュニケーションも取れたので、僕はすごく自由にやらせてもらえたと思います」と中条の演技を絶賛した。

 最後に視聴者に向けて、「死後の世界から物語が始まるというファンタジー的な設定と、自分の死に隠された謎を推理していくというミステリーの要素、その掛け合わせの中で、それぞれのエピソードに登場するキャラクターが自分の過ちを実感したり、成長する姿が描かれています。面白さやポップさの中に、心に残るメッセージも込められているので、映画のような余韻があるドラマだと思っています。視聴者の皆さんには、ぜひ、新しい世界観に入り込んでほしいなと思います!」とコメントを送った。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
よるドラ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』
NHK総合にて、10月31日 (土)スタート 毎週土曜23:30〜23:59【全8回】
出演:中条あやみ、小関裕太、賀喜遥香、黒島結菜、Rー指定、村上淳
原作:木元哉多『閻魔堂沙羅の推理奇譚』シリーズ
脚本:古家和尚
制作統括:出水有三
音楽:岩崎琢
演出:渡辺良雄、葛西勇也、石川慎一郎、鈴木航
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる