池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』予告編公開 崎山蒼志による主題歌も

池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』予告編公開 崎山蒼志による主題歌も

 池田エライザが原案・初監督を務めた12月4日公開の映画 『夏、至るころ』の予告編が公開された。

 本作は、田川市を舞台に緑あふれる故郷の山々に抱かれながら、友情を育んできた男子高校生の翔と泰我が、夏祭りを前に初めて自分の人生と向き合い、それぞれの一歩を選び取る物語。

 翔を演じるのは、映画初主演となった倉悠貴。泰我役には全国2012人のオーディションから選ばれた、今作がデビュー作となる新人・石内呂依が抜擢された。謎の少女・都を演じるのは、数々のCMで人気沸騰中のさいとうなり。また、主人公の父親役に『ガチ☆星』の安部賢一、母親役に『マンガ肉と僕』『雪女』など自身もプロデューサーや監督として活躍する杉野希妃、祖父役にリリー・フランキー、祖母役に原日出子、主人公に影響を与える教師役に高良健吾、ペットショップの店長役に大塚まさじが名を連ねている。

池田エライザ原案・初監督映画『夏、至るころ』予告編

 公開された予告編は、翔と泰我が太鼓を打ち鳴らすシーンから始まる。2人と謎の少女・都との出会いの場面が描かれるほか、高良、リリー、原田らキャストの姿も映し出されている。

 また、予告編解禁と同時に、本作の主題歌「ただいまと言えば」があわせて公開された。作詞・作曲・歌を担当したのは、リリーが「天才です」と賞賛を惜しまない現役高校生シンガーの崎山蒼志。池田監督たっての希望で、今回のコラボレーションが実現した。

 主題歌を担当する崎山からはコメントが寄せられている。

崎山蒼志

このような貴重な、素晴らしい機会を与えてくださった池田監督に多大なる感謝を申し上げます。
まず、この楽曲は昨年2019年の7月頃、池田監督が司会をしていらっしゃる NHK『The Covers』の収録後に翌日の学校に備えバタバタと品川駅から新幹線に駆け込み、席に座り、すとーんとした気持ちで不意に生まれた「ただいまと言えば~」というフレーズがベースになっています。
その後、有難いことにこの映画(『夏、至るころ』)の主題歌をやらせていただくことになり、脚本を読ませていただき、「ただいまと言えば~」というフレーズが頭をよぎりました。そのフレーズを核に、脚本を読んでインスピレーションを受けながら他の部分の歌詞を書き、曲をかき上げました。
力強く美しく素晴らしい映画です。静かに滾るような、今悩む多くの方々に観てほしいと僭越ながら思います。
この映画に関われたことを、誇りに思います。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『夏、至るころ』
12月4日(金)全国順次ロードショー
出演:倉悠貴、石内呂依、さいとうなり、安部賢一、杉野希妃、大塚まさじ、高良健吾、リリー・フランキー、原日出子
原案・監督:池田エライザ
プロデューサー:三谷一夫
脚本:下田悠子
音楽:西山宏幸
撮影:今井孝博
企画:田川市シティプロモーション映画製作実行委員会、映画24区
企画協力:ABCライツビジネス
協力:田川市 たがわフィルムコミッション
製作:映画24区
配給:キネマ旬報DD、映画24区
(c)2020「夏、至るころ」製作委員会
公式サイト natsu-itarukoro.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる